TCDのWordPressテーマ「RUMBLE」を使用したサイト事例をご紹介

TCDが配信しているWordPressの有料テーマ「RUMBLE」はWebマガジン向けに制作されたデザイン性の人気のテーマです。3カラムレイアウトで1ページに多くの記事を表示させることができます。

多くの記事を表示させることでWebサイトの回遊率を高めることができる上に、TCDならではのデザイン性の高さで決してサイト全体を通してごちゃごちゃした印象はありません。

今回はそんな「RUMBLE」を使用したWebサイト事例を集めてみましたので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

RUMBLE公式サイト

クラスン

クラスン

暮らしに寄りそう生活型ウェブマガジンクラスン様のWebサイトは日常生活に関わるお役立ち情報を配信されているWebサイトです。

バナー表示をうまく使って多くのコンテンツをWebサイトに盛り込んでいます。カテゴリも「ライフ」、「ハウス」、「エンタメ」、「ペット」etcとたくさんあるため、それらをまとめてうまく表示することができる「RUMBLE」とは好相性でしょう。

https://kurasun.com/

IGAZO

IGAZO

IGAZO様のウェブサイトは「健康と豊かな人生のために」をコンセプトとされているWEBマガジンです。ヘッダーのスライドを非表示にし2カラムレイアウトにカスタマイズして運営されています。

最新記事をフィーチャーして、より更新性の高いWebサイトということをアピールできます。

https://igazo.jp/

MACHI LOG

machilabo

MACHI LOG様のWebサイトでは、地方創生の関するWebサイトで移住の事例などを配信されています。ヘッダーのスライダーを3分割で表示しているのが印象的ですね。スライドさせるインターバルも短く設定されています。

47都道府県の情報をうまく1つのビューにまとめられています。フッターにタグクラウドを表示されているのもアクセシビリティを高めることに貢献していますね。

https://machi-log.net/

まとめ

いかがでしたでしょうか。有料テーマということもあり、決して多くの事例というわけではありませんが、総じてデザイン性の高いWebサイトに仕上がっていますね。

特に「RUMBLE」が得意な多くのカテゴリをうまくまとめて表示するという特徴を活かしたWebサイトがたくさんあります。ぜひ検討中の方は参考にしてみてくださいね。

RUMBLE公式サイト

制作費用参考表

想定費用 想定納期
コーポレートサイト 10万円〜 1ヶ月〜
メディアサイト 10万円〜 1ヶ月〜
WordPressテンプレートプラン 5万円〜 3週間〜
ランディングページ 5万円〜 1ヶ月〜
保守運用 1万円〜 -
SEOコンサルティング 1万円〜 最低契約期間3ヶ月
その他サイト不具合等のご相談 応相談