【Unturned(アンターンド)】マルチプレイサーバーを立てる方法を初心者にもわかりやすく丁寧に解説!

本ページはプロモーションが含まれています

「Unturned」はサバイバルゲームで、プレイヤーはゾンビアポカリプスの世界で生き残りを目指します。

ブロック風のグラフィックスとカジュアルな雰囲気が特徴で、様々なアイテムの収集や建築、戦闘が楽しめます。

友達との協力プレイや対戦モードもあり、幅広いプレイスタイルに対応しています。

今回はその「Unturned」でマルチプレイをする方法を紹介します。

Unturnedでマルチプレイサーバーを立てる方法

「Unturned」でマルチプレイをする方法は以下の3つの方法があります。

  1. Steamのマルチプレイ機能を使う
  2. レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる
  3. 自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

それぞれメリットとデメリットがありますので、詳しく解説していきます。

Steamのマルチプレイ機能を使う

Steam版「Unturned」の場合、Steamの機能を使ってマルチプレイすることができます。

メリット

一番のメリットは手軽さです。

「Unturned」環境を構築したサーバーを1から自分で用意する必要はなく、フレンドを招待するかIPアドレスを伝えて直接接続してもらうかで簡単に遊べます。

デメリット

サーバー構築 ~ フレンド招待までは手軽な一方で、プレイ環境は少し妥協しなければなりません。

快適に遊べるかどうかはホストとなるユーザーのPCスペックに依存しますし、ホストPCが起動していないと他のフレンドはサーバーに入ることができません。

プレイの快適さよりもまずは手軽に遊びたいという方におすすめの方法です。

レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる

プレイ環境が最も快適なのはレンタルサーバー(VPS)を借りる方法です。

メリット

プレイ環境快適さは一番です。

レンタルしたサーバーは常に電源がONになっているので、ホストプレイヤーがいなくてもいつでも遊ぶことができます。

サーバースペックも自由に選択可能で、いつでもプランを変更できるVPSもあるので、スペック不足は気にする必要はありません。

デメリット

サーバー自体の保守やセキュリティ対策はレンタルサーバーを提供している会社が行なってくれますが、サーバー構築自体は自分で行う必要があります。

ただ、「Xserver for Game」や「ConoHa for GAME」のようなゲーム用VPSであれば、「Unturrned」のマルチプレイサーバーを簡単な操作だけで立てることができるテンプレート機能が用意されています。

また、レンタル料金がかかるのもデメリットです。

快適なプレイ環境を求める方には最適な方法でしょう。

Unturnedのマルチプレイにおすすめレンタルサーバー3選

Unturnedのマルチプレイにおすすめレンタルサーバー3選
VPS月額(税込)総合評価公式サイト
Xserver for Game830円~ 4.5https://game.xserver.ne.jp/
ConoHa for GAME2,033円~ 4.25https://www.conoha.jp/game/
シン・VPS820円~ 4.15https://www.shin-vps.jp/
KAGOYA CLOUD VPS979円~ 4.0https://www.kagoya.jp/ad/game/

自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

所有している自前のPC上にマルチサーバーを立てることもできます。

ただ、この方法は電気代やPCの消耗、セキュリティ対策等の保守作業の手間を考えるとあまりおすすめできません。

メリット

電気代やPCの消耗具体によりますが、レンタルサーバーを借りるよりはコストはかからないかもしれません。

デメリット

1からサーバー構築していく必要があるため、コマンドラインの知識やネットワークの知識、セキュリティ対策について精通している必要があります。

サーバーを起動させるにはPCの電源を常に入れておく必要があるので、当然、電気代が掛かります。

PCの消耗もそれなりに激しくなるので、この方法を選択するのであればレンタルサーバーがおすすめです。

レンタルサーバーにマルチプレイサーバーを立てる手順

では、実際にレンタルサーバーを使って、Unturnedのマルチプレイサーバーを立てていきます。

今回はXserver for Gameを使用していきます。

【3月4日 12:00まで】最大半額キャッシュバック!
「Palworldマネージャ」リリース記念キャンペーン開催中

Xserver for Gameの公式サイトはこちら

1. Xserver for Gameのアカウントを作成する

まずは、Xserver for Gameの公式サイトから申し込み手続きをします。

公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン
Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン

1-1. Xserverアカウントを作成する

Xserver関連サービスで使用するアカウントを作成します。

「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックしてください。
※すでにXserverアカウントを持っている方は「ログイン」をクリックし、てください。

Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン

お客様情報を入力していきます。

Xserver for Gameのお客様情報入力画面
Xserver for Gameのお客様情報入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」をクリックしてください。

続いて、本人認証のために確認コードがメールで送られます。

Xserverから届いた確認コード
Xserverから届いた確認コード

メールを確認して、コードを入力しましょう。

Xserver for Gameの確認コードの入力画面
Xserver for Gameの確認コードの入力画面

最後に入力内容を確認して、問題がなければ「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面
Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面

これでXserverアカウントの作成は完了です。

1-2. 申し込み内容を入力する

続いて、ゲームサーバーの申し込みをします。

必要項目を入力していきます。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム

任意のプランを選択できますが、UnturnedのSteam公式ページに書かれている最低スペックはメモリ8GBとなっていますので、8GB前後のプランが望ましいと思います。

Steam公式ページに書かれたUnturnedの必要スペック表
Steam公式ページに書かれたUnturnedの必要スペック表

「イメージタイプ」は必ず「Unturned」にしておきます。

入力が完了したら、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面で申し込み内容を確認します。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面

問題がなければ、「お支払いへ進む」をクリックしてください。

 1-3. 支払い方法を設定する

支払い設定を行います。

「クレジットカード」か「Paidy」を利用して「コンビニ振り込み」か「銀行振込」が行えます。

「クレジットカード」でお支払いの方が、更新時の支払い忘れが防止できるので、個人的にはおすすめです。

クレジットカードの情報を入力して、「決済画面へ進む」をクリックします。

Xserver for Gameの支払い方法の設定画面
Xserver for Gameの支払い方法の設定画面

設定内容を確認して、問題がなければ「確認画面へ進む」をクリックしてください。

Xserver for Gameのクレジットカード入力画面
Xserver for Gameのクレジットカード入力画面

内容を確認して、問題がなければ「支払いをする」をクリックしてください。

これで支払い設定は完了です。

2. 接続許可ポートの確認

開放しているポートの確認をします。

「ゲームサーバー管理」→「接続許可ポート設定」をクリックしてください。

Xserver for Gameの接続許可ポートの設定画面
Xserver for Gameの接続許可ポートの設定画面

デフォルトでUnturnedのゲーム推奨設定が「ON」になっていると思います。

加えて、サーバーにログインするため、「SSH(22)」を「ON」にしてください。

これでポートの設定は完了です。

3. サーバーのIPアドレスを確認する

続いて、Untuerned(ゲームクライアント)からサーバーに接続するためのIPアドレスを確認します。

ダッシュボードのトップページから「ゲームサーバー管理」をクリックしてください。

Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面
Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面

「サーバー情報」にある「IPアドレス」を確認してどこかに控えておいてください。

Xserver for Gameのサーバー情報
Xserver for Gameのサーバー情報

IPアドレスが確認できたら、SSH接続でサーバーにログインします。

Xserver for Gameに用意されているコンソールを使用しても良いですが、コピペが使えないので今回はSSHクライアントソフトの「Tera Term」を使用します。

以下のリンクからTera Termのインストーラーをダウンロードします。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/74780

「teraterm-4.106.exe」をクリックしてください。
(数字はバージョンによって変わります。)

Tera Termインストーラのダウンロードリンク

ダウンロードされたファイルをダブルクリックしてください。

ダウンロードされたteratermのインストーラ

言語や各種設定はデフォルトのままで問題ありません。

teratermの言語設定

インストールが完了したら、「今すぐTera Termを実行する」にチェックを入れて、「完了」をクリックしてください。

tera termのセットアップ完了画面

そのまま、VPSにSSH接続してしまいましょう。

「Tera Term」を起動したら「ホスト」に先ほど確認したIPアドレスを入力します。
その他の設定はデフォルトのままで問題ありません。

Tera TermのIPアドレス入力画面
Tera TermのIPアドレス入力画面

※接続できない場合

うまく接続ができない場合、SSH接続のポートが解放されていない可能性があります。

Xserver for Gameの「ゲームサーバー管理」→「接続許可ポート設定」を開いて、「SSH(22)」の許可が「ON」になっているか確認してみてください。

Xserver for GameのSSH接続許可ポートの設定画面
Xserver for GameのSSH接続許可ポートの設定画面

続いて、「ユーザー名」に「root」「パスフレーズ」にサーバー申し込み時に設定したrootパスワードを入力してください。

Tera TermのSSH認証画面
Tera TermのSSH認証画面

無事にサーバーに接続ができると、サーバー情報が表示されます。

UntrunedサーバーへのSSH接続成功画面
UntrunedサーバーへのSSH接続成功画面

下部にある「Server IP Address(IPアドレス)」と「Control Panel Pass(パスワード)」はSteamからサーバーへの接続時に必要になりますので忘れないように控えておいてください。

サーバー情報に書かれた「Server IP Address」と「Server Password」
サーバー情報に書かれた「Server IP Address」と「Server Password」

これでIPアドレスの確認は完了です。

4. 立てたマルチサーバーにUnturned(Steam)から接続する

いよいよXserver for Gameに立てたUnturnedサーバーにSteamから接続していきます。

4-1. Steamでログイントークンを発行する

まずは、サーバーに外部からアクセスするためのログイントークンを発行します。

Steamにログインした状態で、「ゲームサーバーのアカウント管理」を開きます。

下部にある「新規のゲームサーバーアカウントの作成」の「ベースゲームのApp ID」に「304930」を入力し、「作成」をクリックしてください。

Steamゲームサーバーのアカウント管理ページ
Steamゲームサーバーのアカウント管理ページ

※「Failed to create account」と表示される場合

ゲームサーバーのアカウント作成には以下の要件を満たしている必要があります。

  • ご利用の Steam アカウントは現在コミュニティ禁止もロックもされていない。
  • ご利用のSteamアカウントが制限付きではない。
  • ご利用の Steam アカウントに有効な電話番号を登録している。
  • ご利用の Steam アカウントはゲームサーバーアカウントの作成対象のゲームを所有している。
  • ご利用の Steam アカウントで作成可能なゲームサーバーアカウントの数は 1000 個まで。

電話番号を登録していない場合などで正常にアカウント作成ができないケースがあります。1つずつ確認してみてください。

Steamに電話番号を登録する方法

トークンが正常に作成されると、「ゲームサーバーアカウント」に「ログイントークン」が表示されます。

Steamゲームサーバーアカウント管理に登録されているUnturnedのログイントークン
Steamゲームサーバーアカウント管理に登録されているUnturnedのログイントークン

サーバー接続時に必要になるのでログイントークンをどこかに控えておいてください。

4-2. サーバーにログイントークンを設定する

続いて、Steamで発行したログイントークンをマルチサーバーに登録します。

もう一度Tera Termに戻ってください。

先ほどTera Termでログインした際に表示された「Server Setup Script」に書かれているコマンドを打ち込みます。

Xserver for GameのUnturnedサーバーのセットアップコマンド
Xserver for GameのUnturnedサーバーのセットアップコマンド

コマンドが正常に動作すれば「Token:」と表示されます。

ここに先ほどSteamで作成したログイントークンをペーストしましょう。

Unturnedのログイントークンを入力
Unturnedのログイントークンの入力画面

ログイントークンが正常に登録されると、「Server setup is complete!」」と表示されます。

これでサーバーの設定は完了です。

4-3. Unturnedからサーバーに接続する

ここまでの作業でサーバーの立ち上げは終了です。

さっそく、Unturnedからサーバーに接続してみましょう。

Unturnedを起動して、「Play」をクリックしてください。

Unturnedのホーム画面
Unturnedのホーム画面

続いて、「Connect」をクリックします。

Unturnedのサーバー接続ボタン
Unturnedのサーバー接続ボタン

IPアドレスとパスワードを聞かれます。

先ほどコンソールで確認した「Server IP Address」と「Server Password」を入力して、「Connect」をクリックしてください。(「Port」はデフォルトのままで問題ありません。)

UnturnedのサーバーIPアドレスとパスワードの入力画面
UnturnedのサーバーIPアドレスとパスワードの入力画面

サーバーが見つかれば詳細情報が表示されます。

下部にある「Join」をクリックしてください。

Unturnedの接続したサーバーの詳細画面
Unturnedの接続したサーバーの詳細画面

無事にマルチサーバーに接続できました。

Unturnedのゲーム開始地点
Unturnedのゲーム開始地点

フレンドを招待する場合は、先ほどの「Server IP Address」と「Server Password」を共有して同様に接続してもらいましょう。

UnturnedのマルチにHamachiを使っても問題ない?

Hamachiを使ってUnturnedのプレイベートサーバーを立ち上げてマルチプレイすることもできます。

ただ、HamachiはホストPCとフレンドPCを直接接続できるようにお互いのネットワークを共有することになります。

当然ながらセキュリティリスクが伴うため、Hamachiの利用には十分に気をつけましょう。

MODは使える?

Steam版Untrurnedであれば自由にmodを入れることができます。

Steamのワークショップにたくさんのmodが用意されているので、自由にカスタマイズすることができます。

ただ、たくさん入れるとそれだけサーバーも重くなってしまうので入れ過ぎには注意です。

MOD狂いのゲーマーブログ

選り抜きした『Unturned』のオススメMod10選を紹介します。…

まとめ

今回はUnturnedのマルチプレイサーバーを立てる方法と実際にXserver for Gameを使用して立てる流れを説明してみました。

いくつかサーバーを立てる方法はありますが、レンタルサーバー(VPS)を使用すればいつでもどこでも快適なプレイ環境を手に入れられる上、セキュリティ対策もある程度ホスティング会社が行ってくれます。

みなさんもマルチプレイで良いUnturnedライフを送りましょう!