【Factorio(ファクトリオ)】マルチプレイのやり方を初心者にもわかりやすく丁寧に解説!

本ページはプロモーションが含まれています

「Factorio(ファクトリオ)」は工業シミュレーションゲームで、未開の惑星で自動化された工場を建設・運営します。

プレイヤーは資源の採掘、生産ラインの設計、ロボットの利用など、工場全体の最適化を目指します。

シングルプレイヤーやマルチプレイヤーで友達と連携して工場を発展させる楽しみがあります。

豊富なMODによってゲームのカスタマイズも可能。戦略的な思考と創造力が試される、中毒性のあるゲームです。

Factorioでマルチプレイサーバーを立てる方法

「Factorio」でマルチプレイする方法は以下の4つの方法があります。

  • Factorioのホスト機能を使う
  • 同じLANにいるプレイヤー同士で遊ぶ
  • レンタルサーバー(VPS)にマルチサーバーを立てる
  • 自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

それぞれメリットとデメリットがありますので、詳しく解説していきます。

Factorioのホスト機能を使う

Factorioにマルチプレイサーバーをホストする機能が用意されています。

メリット

最も簡単にマルチプレイをする方法がこの方法です。

こちらで一からサーバーを立てる必要がなく、Factorioがサーバーをホストする機能を提供してくれています。

デメリット

デメリットとしては、ホストプレイヤーはマルチプレイ中に抜け出すことができず、クライアント側はホストプレイヤーがいないとそのサーバーで遊ぶことができません。

最も手軽ですが、プレイ環境に制約がある方法です。

同じLANにいるプレイヤー同士で遊ぶ

家族や友人を自宅に呼ぶ場合など、端末が同じIPアドレスのネットワークにいる場合であれば、LAN接続で遊ぶことができます。

メリット

IPをグローバルに公開しなくても良いためセキュリティ的に安心です。

デメリット

ホストサーバーを一から立てる作業は必要ですので、ある程度ネットワークやサーバーの知識が必要になります。

レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる

レンタルサーバーを借りて、そこにFactorioマルチサーバーを立てる方法です。

メリット

レンタルサーバーにマルチサーバーを立てれば24時間稼働できるため、ホストPCが起動していなくてもいつでも遊ぶことができます。

ハイスペックなサーバを手軽に利用できるので、プレイ環境としても最も快適でしょう。

ホストPCを常に起動させておく必要はありませんので、PCを消耗させることなく電気代もかかりません。

Xserver for Game」や「ConoHa for GAME」であれば、「Factorio」のマルチサーバーを簡単に立てることができるテンプレートが用意されているので、初心者でも安心してサーバーを立てることができます。

デメリット

デメリットとしては、利用料金がかかってしまいます。

レンタルサーバーによってはキャンペーンが定期的に開催されていますので、うまく活用するとコストを抑えることできます。

Factorio(ファクトリオ)のマルチプレイにおすすめレンタルサーバー3選

Factorio(ファクトリオ)のマルチプレイにおすすめレンタルサーバー3選
VPS月額(税込)総合評価公式サイト
Xserver for Game830円~ 4.5https://game.xserver.ne.jp/
ConoHa for GAME2,033円~ 4.25https://www.conoha.jp/game/
シン・VPS820円~ 4.15https://www.shin-vps.jp/
KAGOYA CLOUD VPS979円~ 4.0https://www.kagoya.jp/ad/game/

自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

ホストとなるPCにマルチサーバーを立てる方法もあります。

メリット

ハイスペックなゲーミングPCを持っている方は別途レンタルサーバーを借りることなく、快適なプレイ環境で遊ぶことができます。

デメリット

サーバーを立てる作業は自分で一からセットアップする必要があります。

ネットワークやサーバーの知識が必要になりますので、慣れていない方にとっては難しいと感じるかもしれません。

また、ホストPCが起動していないと他のプレイヤーも遊ぶことができません。ホストPCの消耗や電気代も考慮する必要があるでしょう。

レンタルサーバーにFactorioのマルチプレイサーバーを立てる手順

では、実際にレンタルサーバーを使って、Factorioのマルチプレイサーバーを立てていきます。

今回はXserver for Gameを使用していきます。

【3月4日 12:00まで】最大半額キャッシュバック!
「Palworldマネージャ」リリース記念キャンペーン開催中

Xserver for Gameの公式サイトはこちら

1. Xserver for Gameのアカウントを作成する

まずは、Xserver for Gameの公式サイトから申し込み手続きをします。

公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン
Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン

1-1. Xserverアカウントを作成する

Xserver関連サービスで使用するアカウントを作成します。

「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックしてください。
※すでにXserverアカウントを持っている方は「ログイン」をクリックし、てください。

Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン

お客様情報を入力していきます。

Xserver for Gameのお客様情報入力画面
Xserver for Gameのお客様情報入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」をクリックしてください。

続いて、本人認証のために確認コードがメールで送られます。

Xserverから届いた確認コード
Xserverから届いた確認コード

メールを確認して、コードを入力しましょう。

Xserver for Gameの確認コードの入力画面
Xserver for Gameの確認コードの入力画面

最後に入力内容を確認して、問題がなければ「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面
Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面

これでXserverアカウントの作成は完了です。

1-2. 申し込み内容を入力する

続いて、ゲームサーバーの申し込みをします。

必要項目を入力していきます。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム

任意のプランを選択できますが、FactorioのSteam公式ページに書かれている最低スペックはメモリ8GBとなっていますので、8GB前後のプランが望ましいと思います。

Steam公式ページに書かれたfactorioの必要スペック表
Steam公式ページに書かれたFactorioの必要スペック表

「イメージタイプ」は必ず「Factorio」にしておきます。

入力が完了したら、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面で申し込み内容を確認します。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面

問題がなければ、「お支払いへ進む」をクリックしてください。

 1-3. 支払い方法を設定する

支払い設定を行います。

「クレジットカード」か「Paidy」を利用して「コンビニ振り込み」か「銀行振込」が行えます。

「クレジットカード」でお支払いの方が、更新時の支払い忘れが防止できるので、個人的にはおすすめです。

クレジットカードの情報を入力して、「決済画面へ進む」をクリックします。

Xserver for Gameの支払い方法の設定画面
Xserver for Gameの支払い方法の設定画面

設定内容を確認して、問題がなければ「確認画面へ進む」をクリックしてください。

Xserver for Gameのクレジットカード入力画面
Xserver for Gameのクレジットカード入力画面

内容を確認して、問題がなければ「支払いをする」をクリックしてください。

これで支払い設定は完了です。

2. 接続許可ポートの確認

開放しているポートの確認をします。

「ゲームサーバー管理」→「接続許可ポート設定」をクリックしてください。

Xserver for Gameの接続許可ポートの設定画面
Xserver for Gameの接続許可ポートの設定画面

デフォルトでFactorioのゲーム推奨設定が「ON」になっていると思います。

加えて、サーバーにログインするため、「SSH(22)」を「ON」にしてください。

これでポートの設定は完了です。

3. サーバーのIPアドレスを確認する

続いて、Factorio(ゲームクライアント)からサーバーに接続するためのIPアドレスを確認します。

ダッシュボードのトップページから「ゲームサーバー管理」をクリックしてください。

Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面
Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面

「サーバー情報」にある「IPアドレス」を確認してどこかに控えておいてください。

Xserver for Gameのサーバー情報
Xserver for Gameのサーバー情報

4. 立てたマルチサーバーにFactorio(Steam)から接続する

さっそくXserver for Gameに立てたFactorioサーバーにSteamから接続していきます。

Factorioを起動して、スタート画面の「マルチプレイ」をクリックしてください。

Factorioのスタートメニュー
Factorioのスタートメニュー

「アドレスに接続」をクリックします。

FactorioのIP接続ボタン
FactorioのIP接続ボタン

初めてプレイする場合はアカウント作成を求められます。

ユーザー名を入力して、「OK」をクリックしてください。
※すでに誰かに使用されているユーザー名は使えません。

Factorioのユーザーアカウント設定画面
Factorioのユーザーアカウント設定画面

先ほど確認したXserver for Gameに立てたFactorioサーバーのIPアドレスを入力します。
※ポートは入力しなくても大丈夫です。

FactorioのIPアドレス入力画面
FactorioのIPアドレス入力画面

無事にマルチサーバーに入ることができました。

Factorioのスタート地点
Factorioのスタート地点

Factorioのマルチプレイする際の注意点

Factorioでマルチプレイする際にいくつか注意点があります。

Factorioのバージョンを合わせる

ホストとゲストのFactorioのバージョンを一致させる必要があります。

例えば、ホストが1.1.87、ゲストが1.1.80のFactorioの場合、バージョンが合わずマルチプレイができません。

MODのバージョンも合わせる

MODのバージョンも合わせる必要がありますが、バージョン0.17からは自動で必要なMOD入れたり、無効にすることが出来るようになりましたので、手動で合わせる必要はなくなりました。

Factorioのマルチプレイの最大人数は?

マルチプレイ可能な人数に上限はありません。

ただ、人数が多くなればそれだけ求められるサーバーのスペックも高くなります。

Factorio公式ページにて、バージョン0.14時点で400人規模のマルチプレイ実績がリリースされています。

まとめ

今回はFactorio(ファクトリオ)のマルチプレイをする方法を紹介しました。

最も手軽なのはFactorioが提供しているマルチプレイ機能ですが、さらに快適に遊びたい方はレンタルサーバーを借りる方法がおすすめです。

中でもXserver for Gameであれば、テンプレート機能を利用してインストールできるため、初心者の方でもすぐにサーバーを立てることができます。

みなさんもマルチプレイでFactorioを楽しみましょう。