【Terraria(テラリア)】マルチプレイのやり方を初心者にもわかりやすく丁寧に解説!

本ページはプロモーションが含まれています

「テラリア」は2Dサンドボックスゲームで、冒険と創造が結びついた世界を楽しむことができます。

プレイヤーは探索、戦闘、アイテム収集を通じて世界を冒険し、ボスとの戦闘を通じて進化していきます。

Minecraftと同様、ブロックを使用した建築やアイテムのクラフトが中心で、豊富な素材やアイテムで自分だけの世界を創造できます。
タイルが楽しめます。

探索とクラフトの楽しみを2Dグラフィックで提供し、広大な世界を探索する冒険心をくすぐるゲームです。

今回はそのテラリアをフレンドと共に楽しむことができるマルチプレイのやり方を紹介していきます。

テラリアのマルチプレイとは?

テラリアのマルチプレイは、友達やプレイヤーとオンラインで協力し、世界を共有する魅力的な機能です。

一緒に冒険し、ボスバトルやアイテム収集をチームで楽しむことができます。

友達と協力して建築やクラフトを進めたり、アイテムや知識を交換したりすることで、より広がりのある体験が可能です。

マルチプレイできる最大人数は?

PC版テラリアは最大255人まで一緒にプレイ可能です。

ただ、そこまでの規模となると相当なスペックのサーバーを用意する必要がありそうです。

テラリアのマルチはクロスプレイ可能?

テラリアは現在PS4、Switch、Xboxなど様々なプラットフォームで提供されています。

しかしながら、現状ではクロスプラットフォームによるマルチプレイは対応しておりません。

ただ、公式フォーラムにてクロスプラットフォーム対応について前向きに検討していることを言及していたりと、実現の日も遠くなさそうです。

Of course, we cannot begin work on 1.4.5 until there is actually content in 1.4.5 to move over… so we have started off the new year by working to upgrade the core engine and software library versions in preparation for the release of cross play.
引用:https://forums.terraria.org/index.php?threads/terraria-state-of-the-game-january-2023.117447/#console

テラリアでマルチプレイをする方法

テラリアでマルチプレイする方法は以下の3つの方法があります。

  1. テラリアの「ホスト&プレイ」を使う
  2. レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる
  3. 自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

①テラリアの「ホスト&プレイ」を使う

テラリア自体がマルチプレイ機能を提供してくれています。

メリット

自分で一からサーバーを立てる必要がないので、最も手軽にマルチプレイで遊ぶことができる方法です。

Steamでゲスト側とフレンドになっていれば、IPアドレスの共有などは必要ありません。

デメリット

ホストプレイヤーがゲームから抜けるとゲスト側も遊べなくなります。

また、大人数でプレイするとラグが起きやすくやや不安定です。

②レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる

レンタルサーバー(VPS)を借りて、そこにマルチプレイサーバーを立てる方法です。

Xserver for Gameの公式サイト
Xserver for Gameの公式サイト

メリット

24時間常時稼働させておけるため、ホストが抜けている状態でもいつでも遊ぶことができます。

後述する自宅PCにサーバーを立てる方法に比べて、PCを消耗することはなく、電気代もかかりません。

レンタルしたサーバーは自由にカスタムできるので、好きなMODを自由に入れることができます。

セキュリティ対策もホスティング企業がある程度行ってくれるため、こちらですべて対応する必要はありません。

Xserver for Game」や「ConoHa for GAME」であれば、「テラリア」のマルチサーバーを簡単に立てることができるテンプレートが用意されているので、初心者でも安心してサーバーを立てることができます。

デメリット

レンタルサーバーなので利用料金がかかります。

レンタルサーバーによってはキャンペーンが定期的に開催されていますので、うまく活用するとコストを抑えることできます。

テラリアのマルチプレイにおすすめレンタルサーバー4選

テラリアのマルチプレイにおすすめレンタルサーバー3選
VPS月額(税込)総合評価公式サイト
Xserver for Game830円~ 4.5https://game.xserver.ne.jp/
ConoHa for GAME534円~ 4.25https://www.conoha.jp/game/
シン・VPS820円~ 4.15https://www.shin-vps.jp/
KAGOYA CLOUD VPS979円~ 4.0https://www.kagoya.jp/ad/game/

③自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる

所有している自宅のPCのマルチサーバーを立てることもできます。

ゲーミングPC

メリット

ハイスペックなゲーミングPCを持っている方は別途レンタルサーバーを借りることなく、快適なプレイ環境で遊ぶことができます。

当然MODも自由に入れることができます。

デメリット

サーバーを立てる作業は自分で一からセットアップする必要があります。

ネットワークやサーバーの知識が必要になりますので、慣れていない方にとっては難しいと感じるかもしれません。

また、ホストPCが起動していないと他のプレイヤーも遊ぶことができません。ホストPCの消耗や電気代も考慮する必要があるでしょう。

テラリアのマルチプレイ方法の比較表

メリットデメリット
テラリアの「ホスト&プレイ」を使う
  • サーバーを立てる必要がなく、手軽に遊べる
  • 料金がかからない
  • ホストがいない間はゲストもプレイできない
  • ホストのPCスペックが低いと快適にプレイできない
  • MODでプレイする時とホストとゲストのPCにMODをインストールする必要がある
  • 大人数向きではない
レンタルサーバー(VPS)にマルチプレイサーバーを立てる
  • ホストがいなくても24時間いつでも遊ぶことができる
  • スペックを自由に選択できるので、快適なプレイ環境にすることができる
  • テンプレート機能があるVPSを選べばサーバーの立ち上げが簡単
  • 利用料金がかかる
自前のPCにマルチプレイサーバーを立てる
  • 料金がかからない
  • PCを稼働していれば24時間いつでも遊ぶことができる
  • PCが消耗する
  • 電気代がかかる
  • サーバーの立ち上げ作業が大変
  • セキュリティ対策を自分で行う必要がある

テラリアにおすすめのレンタルサーバー一覧

Xserver for Game(Xserver VPS)

Xserver for Gameの公式サイト
Xserver for Gameの公式サイト

【3月4日 12:00まで】最大半額キャッシュバック!
「Palworldマネージャ」リリース記念キャンペーン開催中

Xserver for Game公式サイトはこちら

レンタルサーバーのシェアNo.1「Xserver(エックスサーバー)」が運営しているゲーム専用VPSサービスです。

一番の魅力はコスパの高さです。

またテラリアのマルチプレイ用のアプリイメージが用意されているので、PC操作やネットワークの知識があまりない方でも簡単にサーバーを立てることができます。

ConoHa for GAME(ConoHa VPS)

conoha for gameのホームページ
引用:ConoHa for GAMEより

ConoHa for GAME(ConoHa VPS)」も「Xserver for Game(Xserver VPS)」と同様に、テラリアのアプリイメージが用意されています。

また、公式サイトでセットアップ方法などのマニュアルが充実しているのも魅力的です。

シン・VPS

シン・VPSの公式サイト
シン・VPSの公式サイト

シン・VPSはXserver VPSを提供するエックスサーバー株式会社のグループ会社が提供するVPSです。

UIや基本的な機能はXserver VPSと同じですが、より格安プランを提供している点が異なります。

ただ、マインクラフト用として使用する場合、メモリ2GB以上のプランが必要なため、正直なところXserver VPSとの違いはほとんどありません。

将来的にプランを下げて、別用途として使用する予定であればこちらもおすすめです。

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPSのトップページ
引用:KAGOYA CLOUD VPSの公式サイトより

KAGOYA CLOUD VPS」も4GBプランで1,650円~と、コスパの高さは「Xserver for Game(Xserver VPS)」と同じくらい魅力です。

こちらも2032年11月よりテラリアのマルチプレイ用アプリイメージが提供されています。

レンタルサーバーにテラリアのマルチプレイサーバーを立てる手順

では、実際にレンタルサーバーを使って、テラリアのマルチプレイサーバーを立てていきます。

今回はXserver for Gameを使用していきます。

【3月4日 12:00まで】最大半額キャッシュバック!
「Palworldマネージャ」リリース記念キャンペーン開催中

Xserver for Gameの公式サイトはこちら

1. Xserver for Gameのアカウントを作成する

まずは、Xserver for Gameの公式サイトから申し込み手続きをします。

公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン
Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン

1-1. Xserverアカウントを作成する

Xserver関連サービスで使用するアカウントを作成します。

「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックしてください。
※すでにXserverアカウントを持っている方は「ログイン」をクリックし、てください。

Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン

お客様情報を入力していきます。

Xserver for Gameのお客様情報入力画面
Xserver for Gameのお客様情報入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」をクリックしてください。

続いて、本人認証のために確認コードがメールで送られます。

Xserverから届いた確認コード
Xserverから届いた確認コード

メールを確認して、コードを入力しましょう。

Xserver for Gameの確認コードの入力画面
Xserver for Gameの確認コードの入力画面

最後に入力内容を確認して、問題がなければ「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面
Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面

これでXserverアカウントの作成は完了です。

1-2. 申し込み内容を入力する

続いて、ゲームサーバーの申し込みをします。

必要項目を入力していきます。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込みフォーム

任意のプランを選択できますが、FactorioのSteam公式ページに書かれている最低スペックはメモリ8GBとなっていますので、8GB前後のプランが望ましいと思います。

Steam公式ページに書かれたTerrariaの必要スペック表
Steam公式ページに書かれたTerrariaの必要スペック表

「イメージタイプ」は必ず「Terraria」にしておきます。

入力が完了したら、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面で申し込み内容を確認します。

Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面
Xserver for Gameのゲームサーバー申し込み確認画面

問題がなければ、「お支払いへ進む」をクリックしてください。

 1-3. 支払い方法を設定する

支払い設定を行います。

「クレジットカード」か「Paidy」を利用して「コンビニ振り込み」か「銀行振込」が行えます。

「クレジットカード」でお支払いの方が、更新時の支払い忘れが防止できるので、個人的にはおすすめです。

クレジットカードの情報を入力して、「決済画面へ進む」をクリックします。

Xserver for Gameの支払い方法の設定画面
Xserver for Gameの支払い方法の設定画面

設定内容を確認して、問題がなければ「確認画面へ進む」をクリックしてください。

Xserver for Gameのクレジットカード入力画面
Xserver for Gameのクレジットカード入力画面

内容を確認して、問題がなければ「支払いをする」をクリックしてください。

これで支払い設定は完了です。

サーバーのIPアドレスを確認する

続いて、申し込みをしたサーバーのIPアドレスを調べます。

ダッシュボードのトップページから「ゲームサーバー管理」をクリックしてください。

Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面
Xserver for Gameのゲームサーバー管理画面

「サーバー情報」にある「IPアドレス」を確認してどこかに控えておいてください。

Xserver for Gameのサーバー情報
Xserver for Gameのサーバー情報

3. 立てたマルチサーバーにテラリアからIP経由で参加する

IPアドレスが確認できたら、さっそくテラリアのゲームクライアントから接続してみましょう。

テラリアを起動して、メニューから「Multiplayer(マルチプレイ)」を選択してください。

テラリアのメインメニュー画面
テラリアのメインメニュー画面

「Join via IP(IP経由で参加)」をクリックします。

テラリアのマルチプレイメニュー画面
テラリアのマルチプレイメニュー画面

プレイヤーを選択します。

プレイヤーの選択画面
プレイヤーの選択画面

「サーバーIP:」に先ほど確認したXserver for GameのIPアドレスを入力してください。

マルチプレイサーバーのIPアドレス入力画面
マルチプレイサーバーのIPアドレス入力画面

ポートはそのまま「7777」で問題ありません。

ポート番号の入力画面
ポート番号の入力画面

これで無事にマルチサーバーに入ることができました。

テラリアのマルチプレイスタート画面
テラリアのマルチプレイスタート画面

まとめ

今回はテラリアでマルチプレイする方法とレンタルサーバーを使って、実際にサーバーを立てる方法を紹介しました。

テラリアはかなり前からあるゲームですが、今でも根強い人気のあるサンドボックスゲームです。

ARKやRUSTの世界では競争が激しい世界をプレイしなければならず時にはストレスに感じることもありますが、テラリアでは比較的マイペースにマルチプレイすることができるのが魅力です。

みなさんもぜひテラリアをマルチプレイで遊んでみてください。