パルワールドのスタートメニュー

【パルワールド】マルチプレイのやり方とできることを丁寧に解説!おすすめのレンタルサーバーもご紹介!【Palworld】

VPS パルワールドのスタートメニュー

本ページはプロモーションが含まれています

2024/01/19のリリースから24時間でSTEAM売り上げ本数200万本を達成し、今なお爆発的にユーザーが増えているパルワールド(PalWorld)。

「パル」と呼ばれるモンスターを捕獲、育成していくオープンワールドゲームですが、「ARK」のようなクラフト要素も加わっています。

パルワールドはソロプレイだけでなく、マルチプレイ機能を提供されており、最大32人までフレンドと一緒にプレイすることができます。

今回はそのパルワールドのマルチプレイをするやり方と実際の手順を丁寧に解説していきます。

パルワールドのマルチプレイサーバーとは?

パルワールドのスタートメニュー
パルワールドのスタートメニュー

「パルワールド(PalWorld)」のマルチプレイサーバーは2種類あります。

1つはホストプレイヤーがゲストを最大4人まで招待できる招待コードを使ったモード。

もう一つは専用サーバーを立てて、最大32人まで遊ぶことができるモードです。

それぞれメリットとデメリットがあるので、以下で解説していきます。

パルワールドのマルチプレイサーバーを立てる3つの方法

パルワールドのマルチプレイサーバーを立てる方法は以下の3つです。メリットとデメリットを交えて解説します。

  • レンタルサーバー(VPS)で専用サーバーを立てる方法
  • 招待コードでホストサーバーに参加する方法
  • 自宅PCに専用サーバーを立てる方法

レンタルサーバー(VPS)で専用サーバーを立てる方法

Xserver for Gameの公式サイト
Xserver for Gameの公式サイト

レンタルサーバー(VPS)を借りて、そこにパルワールドの専用サーバーを立てる方法です。

後述する招待コードを使った方法では最大4名までのマルチプレイですが、こちらの専用サーバーを立てる方法は最大32人までプレイすることができます。

また、招待コードを使ったマルチプレイの方法では、ホストがゲームから落ちるとフレンドも強制退出させられますが、レンタルサーバーに専用サーバーを作ってしまえば、ホストがいなくても24時間好きなタイミングでマルチプレイを楽しむことができます。

​​自宅PCにサーバーを立てる方法と比べて、常時稼働させてもPCを消耗させることがありません。

スペックも幅広く用意されているので、自分で持っているPCのスペックがそれほど高くない方でも安心です。

デメリットとしては、月額料金が掛かってしまう点とサーバーを立てる作業に少し専門的知識が必要な点でしょうか。

詳しいサーバー構築手順は以下の「パルワールドのマルチサーバーを立てる手順」で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

メリットデメリット
  • 最大32人までプレイ可能
  • ホストがいなくても24時間好きなタイミングでマルチプレイを楽める
  • PCの消耗が少ない
  • ハイスペックなPCは必要ない
  • 月額料金がかかる
  • サーバーを立てる作業に少し専門的知識が必要

招待コードでホストサーバーに参加する方法

招待コード入力画面
招待コード入力画面

専用サーバーを立てずにSteam上で立てたサーバーに招待コードでゲストを招待する方法です。

自分で一からサーバーを立てる作業がない分、手軽にマルチプレイをすることが可能です。

ただ、最大プレイ人数は4人までとなっており、ホストプレイヤーがゲームからいなくなるとゲストも遊ぶことができません。

ワールドの環境設定も専用サーバーを立てる方法と比べて限定的です。

メリットは料金がかからない点と先述した手軽にマルチプレイを始めることができる点でしょう。

メリットデメリット
  • 手軽にマルチプレイをすることが可能
  • 月額料金がかからない
  • 最大プレイ人数は4人まで
  • ホストプレイヤーがゲームからいなくなるとゲストも遊ぶことができない

自宅PCに専用サーバーを立てる方法

ゲーミングPC

ハイスペックはゲーミングPCを持っている方は自宅PCに専用サーバーを立ててしまうのも手です。

レンタルサーバー(VPS)を借りる場合と違い月額料金はかかりません。

ただ、24時間稼働させると電気代もそれなりにかかりますし、PCの消耗も気になります。

また、サーバー構築作業は自身で行う必要があります。

メリットデメリット
  • 月額料金がかからない
  • 最大プレイ人数は32人まで
  • 電気代がかかる
  • PCが消耗する
  • セキュリティ対策に気を配る必要がある
  • サーバーを立てる作業に少し専門的知識が必要

パルワールドのマルチサーバーに必要なサーバースペック

Steam版パルワールドのマルチプレイに必要なサーバースペックは以下の通りです。

スペック内容
CPU4コア (推奨)
メモリ16GB
安定したサーバー稼働のためには 32GB 以上を推奨
8GBでも起動は可能ですがプレイを進めるほどメモリ不足でサーバーがクラッシュする可能性が高まります。
ネットワークUDP Port 8211 (デフォルト) をポート開放できること

SteamページにはWindows OSと書かれていますが、公式ガイドにはLinux OSでもサーバーを立てることができると書かれています。

メモリは最低16GB必要で安定稼働のためには32GBが推奨とされていますので、求められるスペックは高そうです。

Palworld tech guide – Dedicated server guide

メモリ8GBでも起動自体は可能とのことなので、8GBでサーバーを契約して重いようなら16GB以上に途中でプランアップする方法でも良いかもしれません。

パルワールドのマルチプレイにおすすめのレンタルサーバー4選

レンタルサーバー(VPS)を使ってマルチプレイする場合のおすすめサーバーを4つ紹介します。

どれもパルワールドのみならず、ゲームサーバーとして優秀なサーバーなのでぜひ参考にしてみてください。

パルワールドのマルチプレイにおすすめレンタルサーバー4選
VPS月額(税込)総合評価公式サイト
Xserver for Game830円~ 4.5https://game.xserver.ne.jp/
ConoHa VPS(ConoHa for GAME)2,033円~ 4.25https://www.conoha.jp/vps/
シン・VPS820円~ 4.15https://www.shin-vps.jp/
KAGOYA CLOUD VPS979円~ 4.0https://www.kagoya.jp/ad/game/

Xserver for Game

Xserver for Gameの公式サイト
引用:Xserver for Gameの公式サイト

パルワールドを起動させる最低スペックであるメモリ8GBプランで1,601円〜※と、その他のレンタルサーバーと比べても圧倒的にコスパが良いです。

「ConoHa VPS」や「KAGOYA CLOUD VPS」と異なり、メモリ1GBプランは用意されていませんが、パルワールドを起動させるには8GB以上必要になりますので、気にしなくてよさそうです。

2024/1/23より初心者でも簡単にパルワールドサーバーを立てることができるアプリイメージの提供が開始されました。

運営元はレンタルサーバー大手の「エックスサーバー」が提供しており、実績は十分のためセキュリティ面やサービスの安定感は申し分ありません。

料金が割引になるキャンペーンも頻繁に実施されているため、うまく利用するとさらにコスパ良く利用できます。

※2024/03/04までのキャンペーン価格

【3月11日12:00まで】月額580円〜!
利用料金最大30%OFFキャンペーン

Xserver VPS公式サイトはこちら

「Xserver VPS」と「Xserver for Game」の違いは?

Xserver社では「Xserver VPS」と「Xserver for Game」の二つのVPSサービスを提供しています。

どちらのVPSでもパルワールドのマルチプレイサーバーを立てることができます。

2つのVPSの違いは、「Xserver VPS」はゲームサーバー以外の利用方法(システム開発やブログ運営など)としても活用できるのに対し、「Xserver for Game」はゲームサーバーに特化している点です。

Xserver for Game」はゲームサーバーに特化しているため、余計な機能がなくサーバー運用が初心者でもわかりやすくなっています。

その他の、料金体系やサポート内容、サーバーのスペックなどは全く同じです。
※キャンペーンによって料金体系が異なっている場合があります。

使い分けとしては、ゲームサーバーとしてのみ活用を考えており、スピーディにサーバーを立てたい方は「Xserver for Game」。

ゲームサーバー以外の用途でも活用を考えている方は「Xserver VPS」を選択すると良いでしょう。

ConoHa VPS(ConoHa for GAME)

ConoHa VPSの公式サイト
引用:ConoHa VPSの公式サイトより

「ConoHa VPS」は長期で契約すると割引になる「VPS割引きっぷ」という料金タイプが用意されているため、ある程度長期で契約する予定の方にもおすすめです。

ConoHaブランドは比較的新しいサービスですが、ゲーム用レンタルサーバーとしては実績が豊富で、マイクラやARKといったその他の人気ゲームでも利用者が数多くいます。

ダッシュボードの動作がやや重いという評判もありますが、サービスの充実度や運営元の信頼性は間違いありません。

「ConoHa VPS」と「ConoHa for GAME」の違いは?

Xserverの場合、「Xserver VPS」と「Xserver for Game」どちらもパルワールドのアプリイメージが提供されていますので、両者に違いはほとんどありませんでしたが、ConoHaの場合、「ConoHa for GAME」にはパルワールドのアプリイメージが提供されていますが、「ConoHa VPS」には提供されていません。

そのため、サーバー構築に慣れていない方でアプリイメージを利用してサクッとマルチサーバーを立てたい方は「ConoHa for GAME」がおすすめです。

2024/01/26より「ConoHa for GAME」の在庫減少により新規申し込みが停止されています。代わりに「ConoHa VPS」にパルワールドのアプリイメージが提供されていますので、「ConoHa VPS」を利用しましょう。

サーバー構築に慣れている方でゲームサーバー以外の用途も考えている方は「ConoHa VPS」が良いでしょう。

シン・VPS

シン・VPSの公式サイト
シン・VPSの公式サイト

シン・VPSはXserver VPSを提供するエックスサーバー株式会社のグループ会社が提供するVPSです。

Xserver VPS同様、2024/1/23より初心者でも簡単にパルワールドサーバーを立てることができるアプリイメージの提供が開始されました。

UIや基本的な機能はXserver VPSと同じですが、より格安プランを提供している点が異なります。

ただ、パルワールド用として使用する場合、メモリ8GB以上のプランが必要なため、正直なところXserver VPSとの違いはほとんどありません。

将来的にプランを下げて、別用途として使用する予定であればこちらもおすすめです。

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPSのマルチプレイ特設ページ
KAGOYA CLOUD VPSのマルチプレイ特設ページ

KAGOYA CLOUD VPSもコスパという点では優秀なレンタルサーバーです。

上述したXserver VPSやConoHa VPSはモダンで使いやすいUIが提供されており、初心者でも利用しやすくなっていますが、KAGOYA CLOUD VPSはやや玄人向けといったところです。

ただ、サポートセンターの評判はよく、繋がりやすく対応にも定評があります。

パルワールドのマルチサーバーを立てる手順

実際にレンタルサーバーを借りてマルチプレイサーバーを立ててみます。

キャプチャを交えて解説していきますので、レンタルサーバーの契約を検討している方は参考にしてみてください。

今回は初心者の方でも簡単にマルチサーバーを立てることができるXserver VPSを使用していきます。

Xserver for Gameを申し込む

まずは、Xserver for Gameの公式サイトから申し込み手続きをします。

公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン
Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン

Xserverアカウントを作成する

Xserver関連サービスで使用するアカウントを作成します。

「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックしてください。

※すでにXserverアカウントを持っている方は「ログイン」をクリックしてください。
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン

お客様情報を入力していきます。

Xserver for Gameのお客様情報入力画面
Xserver for Gameのお客様情報入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」をクリックしてください。

続いて、本人認証のために確認コードがメールで送られます。

Xserverから届いた確認コード
Xserverから届いた確認コード

メールを確認して、コードを入力しましょう。

Xserver for Gameの確認コードの入力画面
Xserver for Gameの確認コードの入力画面

最後に入力内容を確認して、問題がなければ「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面
Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面

これでXserverアカウントの作成は完了です。

申し込み内容を入力する

続いて、VPSの申し込みをします。

今回はパルワールドのアプリイメージを利用してさくっとサーバーを立てていきます。

申し込みフォームの必要項目を入力していきます。

Xserver for Gameのパルワールド申し込みフォーム
Xserver VPSのパルワールド申し込みフォーム

「イメージタイプ」に「アプリケーション」の「パルワールド(Palworld)」を選択します。

rootパスワードは後ほど必要になりますので、忘れないようにどこかに控えておきましょう。

入力が完了したら、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面で申し込み内容を確認します。

パルワードイメージの申し込み確認画面
パルワードイメージの申し込み確認画面

問題がなければ、「お支払いへ進む」をクリックしてください。

支払い方法を設定する

支払い設定を行います。

「クレジットカード」か「Paidy」を利用して「コンビニ振り込み」か「銀行振込」が行えます。

「クレジットカード」でお支払いの方が、更新時の支払い忘れが防止できるので、個人的にはおすすめです。

支払い方法を選択して、「決済画面へ進む」をクリックします。

クレジットカード情報の入力画面
クレジットカード情報の入力画面

クレジットカード情報を入力して、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

クレジットカード情報の入力画面
クレジットカード情報の入力画面

内容を確認して、問題がなければ「支払いをする」をクリックしてください。

支払い情報の確認画面
支払い情報の確認画面

IPアドレスを確認する

サーバーの申し込みが完了したので、VPS管理のダッシュボードを開いてみましょう。

「ゲームサーバー管理」をクリックしてください。

ダッシュボードのゲームサーバー管理ボタン
ダッシュボードのゲームサーバー管理ボタン

ダッシュボード右上に申し込みをしたVPSのIPアドレスが表示されています。

ゲームパネルに表示されたIPアドレス
ゲームパネルに表示されたIPアドレス

今後、サーバーのセットアップやパルワールドからサーバーに参加する際に必要になるので、どこかに控えておきましょう。

アプリイメージでインストールした場合ポート解放作業は必要ない

上記の流れでアプリイメージを使用して申し込みをした場合、ポート解放については初期状態でゲーム毎の推奨設定が設定されています。

基本的にこちらでポート解放作業を行う必要はありませんが、もし別途ポート解放の作業をしたい場合、Xserver for Gameのサポートページに詳しい手順が記載されています。

立てたマルチサーバーにパルワールドから参加する

さっそく立てた専用サーバーにパルワールドからアクセスしてみましょう。

Steamからゲームを起動してください。

「マルチプレイに参加する(専用サーバー)」を選択します。

パルワールドのスタートメニュー
パルワールドのスタートメニュー

IPアドレス入力欄に控えておいたVPSのIPアドレスとポート番号「:8211」を入力して、「接続」をクリックします。

例:162.xx.xxx.xx:8211

専用サーバーの検索画面
専用サーバーの検索画面

サーバーに参加できるとキャラクター作成画面が表示されます。

これで無事にマルチプレイができるようになりました。

フレンドにIPアドレスとポート番号を伝えて、同じように参加してもらいましょう。

パルワールド専用サーバーの環境設定を変更する方法

手元の端末からVPSにSSHログインする

VPSに入って環境設定ファイルを編集するため、SSHログインします。

今回は「Tera Term」を使用してSSH接続しますが、Macユーザーの方は標準の「ターミナル」を使用しても結構ですし、お好きなツールを使用してください。

「Tera Term」を使う方でインストールがまだの方でも以下で丁寧に解説しますので安心してください。

Tera Termのインストール

以下のリンクからTera Termのインストーラーをダウンロードします。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/74780

「teraterm-4.106.exe」をクリックしてください。
(数字はバージョンによって変わります。)

Tera Termインストーラのダウンロードリンク
Tera Termインストーラのダウンロードリンク

ダウンロードされたファイルをダブルクリックしてください。

ダウンロードされたTera Termのインストーラ
ダウンロードされたTera Termのインストーラ

言語や各種設定はデフォルトのままで問題ありません。

Tera Termの言語設定
Tera Termの言語設定

インストールが完了したら、「今すぐTera Termを実行する」にチェックを入れて、「完了」をクリックしてください。

Tera Termのセットアップ完了画面
Tera Termのセットアップ完了画面

そのまま、VPSにSSH接続してしまいましょう。

「Tera Term」を起動したら「ホスト」に先ほど確認したIPアドレスを入力します。

その他の設定はデフォルトのままで問題ありません。

Tera TermのIPアドレス入力画面
Tera TermのIPアドレス入力画面

初回接続の場合、セキュリティ警告が表示されますが、「続行」をクリックしましょう。

初回接続時のセキュリティ警告
初回接続時のセキュリティ警告

続いて、「ユーザー名」に「root」「パスフレーズ」にサーバー申し込み時に設定したrootパスワードを入力してください。

SSH認証のログイン情報入力画面
SSH認証のログイン情報入力画面

無事にサーバーに接続ができると、コンソール画面が表示されます。

環境設定ファイルを作成

パルワールドの環境設定はPalWorldSettings.iniファイルに記述することでカスタマイズできます。

以下のコマンドでsteam/Palworld内にファイルを複製します。

cp -pf /home/steam/Palworld/DefaultPalWorldSettings.ini /home/steam/Palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini

PalWorldSettings.iniファイルを編集する

PalWorldSettings.iniを編集してみます。

まず、サーバーを一度停止します。

systemctl stop palworld-server.service

続いて、環境設定ファイルが置かれたディレクトリに移動します。

cd /home/steam/Palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer

続いて、viコマンドでファイルを編集します。

vi DefaultPalWorldSettings.ini

ファイルの中身が表示されます。

キーボードの「i」を押して、入力モードにしてください。

今回は試しに経験値効率を1.5倍にしてみましょう。

「OptionsSettings」の「ExpRate」を1.50000に書き換えてください。

PalWorldSettings.iniファイルの中身
PalWorldSettings.iniファイルの中身

「esc」を押して、「:wq」と入力してEnterを押してください。

これで環境設定を変更することができました。

※アーリーアクセス版なので、反映されない設定パラメータもあるとのこと。(パルワールド公式より)

パルワールドのマルチサーバーに関するよくある質問

クロスプレイはできる?

現状、パルワールドはクロスプレイに対応していません。

ただ、公式から今後クロスプレイに対応予定とアナウンスされているため、実装を待ちましょう!

まとめ

今回は人気沸騰中のパルワールド(Palworld)でマルチプレイをする方法を紹介しました。

専用サーバーを立てて本格的に遊ぶ方法と非専用サーバーで手軽に遊ぶ方法の2種類の方法があります。

それぞれメリット、デメリットがありますので、今回の記事が少しでも参考にされば幸いです。