パルワールドのスタートメニュー

【パルワールド】専用サーバーの立て方と入れない時の対処法

VPS パルワールドのスタートメニュー

本ページはプロモーションが含まれています

今回はパルワールドの専用サーバーの立て方を実際に立てる手順を紹介しながら解説していきます。

ポートの解放やファイアウォールの設定でつまずく方も多いかと思いますので、キャプチャを交えながらより丁寧に解説していきますのでぜひ参考にしてください。

それでも難しいと感じる方向けにレンタルサーバーを利用したより簡単な専用サーバーの立て方も紹介しています。

目次

専用サーバーの種類

パルワールドの専用サーバーを立てる方法は大きく2つあります。

1つはSteamクライアント経由でサーバーファイルをダウンロードする方法ともう1つはSteamCMDと呼ばれるコマンドラインを使ってサーバーファイルをダウンロードする方法です。

さらに、コマンドラインを使ってダウンロードするSteamCMDはWindows版とLinux版で構築方法が変わります。

サーバー構築の容易さは圧倒的にSteam経由でサーバーファイルをダウンロードする方法でしょう。

サーバーの立て方内容内容
WindowsSteamGUI(Steamクライアント)を使って、サーバーを立てていく方法簡単
WindowsSteamCMDコマンドライン(SteamCMD)を使って、サーバーを立てていく方法難しい
LinuxSteamCMDコマンドライン(SteamCMD)を使って、サーバーを立てていく方法難しい

WindowsSteam

SteamクライアントからGUI操作でダウンロードできるので、サーバー構築に慣れていない方でも比較的簡単に操作できます。

WindowsSteamCMD

Windowsサーバー用のSteamCMDです。

SteamCMDと呼ばれるSteamが用意したコマンドを使ってサーバーファイルをダウンロードしていきます。

コマンドラインツールに慣れている方であれば、こちらでサーバーを立てても問題ありません。

LinuxSteamCMD

Linuxサーバー用のSteamCMDです。

SteamCMDと呼ばれるSteamが用意したコマンドを使ってサーバーファイルをダウンロードしていきます。

コマンドラインツールに慣れている方であれば、こちらでサーバーを立てても問題ありません。

パルワールド専用サーバーの立て方

それでは、実際にパルワールドの専用サーバーをPCに立てていきます。

レンタルサーバーを使った方法は以下の「レンタルサーバーを使った専用サーバーに立てる方法【初心者におすすめ】」で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

SteamからPalworld Dedicated Serverをダウンロード

まずはSteamライブラリから専用サーバーのファイル(Palworld Dedicated Server)をダウンロードします。

Steamを起動し、検索ボックスに「Palworld Dedicated Server」と入力してください。

Steamライブラリの検索ボックス
Steamライブラリの検索ボックス

ツールに「Palworld Dedicated Server」と表示されますので、選択して「インストール」をクリックしてください。

専用サーバーのインストールボタン
専用サーバーのインストールボタン

Palworld Dedicated Serverを起動

インストールした「Palworld Dedicated Server」を起動します。

専用サーバーの起動ボタン
専用サーバーの起動ボタン

起動オプションは「Palworld Dedicated Serverをプレイ」を選択してください。

専用サーバーの起動オプション
専用サーバーの起動オプション

コマンドラインの画面が表示されれば無事起動されています。

コマンドラインの画面
コマンドラインの画面

ファイアウォールの設定

続いて、PCのファイアウォール設定を行います。

Windowsの検索から「ファイアウォールとネットワーク保護」を検索して開いてください。

Windowsのシステム検索
Windowsのシステム検索

「詳細設定」をクリックします。

ファイアウォールの詳細設定ボタン
ファイアウォールの詳細設定ボタン

「受信の規則」を選択し、「新規規則…」をクリックしてください。

ファイアウォールの受信規則設定画面
ファイアウォールの受信規則設定画面

規則の種類は「ポート」を選択します。

新規の受信の規則ウィザード設定画面
新規の受信の規則ウィザード設定画面

プロトコルは「UDP」を選択ポートは「特定のローカルポート」を選択し、「8211」を入力してください。

受信の規則のプロトコルとポート設定
受信の規則のプロトコルとポート設定

「接続を許可する」を選択します。

接続許可設定画面
接続許可設定画面

適用の条件は全てにチェックを入れてください。

プロファイル設定画面
プロファイル設定画面

わかりやすい名前をつけておきましょう。

専用サーバーをしばらく使わない場合など、ポートを閉じる際にわかりやすいように、名前は覚えやすいものにしておくことをおすすめします。

受信の規則の名前設定画面
受信の規則の名前設定画面

これで受信の規則の設定は終了です。

送信の規則も同様の設定で設定してください。

ファイアウォールの送信規則設定画面
ファイアウォールの送信規則設定画面

ポートの解放設定

※注意:ポート解放は自宅ネットワークのセキュリティレベルを低下させる可能性があります。

必ず自己責任で行ってください。

あまり自信がない方はレンタルサーバーを借りる方法も検討しましょう。

いよいよポートの解放設定です。

ポート解放ソフトを使う方法もありますが、自宅で利用している回線によっては専用の設定を行う必要がありますので、今回はルーターの管理画面から設定していきます。

今回はHUMAXのルーターを使用していますが、どのルーターでも基本的な流れは同じです。

「(ルーターの品番) + ポート解放」等でGoogle検索すると設定方法が見つかるはずです。

ルーター(モデム)の管理画面にログインする

最初にIPアドレスを確認します。

Windows検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロント」を開いてください。

Windowsのアプリ検索画面
Windowsのアプリ検索画面

「ipconfig」と入力すると、ご自身が接続しているIPアドレス情報が表示されます。

ipconfigコマンド
ipconfigコマンド

「デフォルト ゲートウェイ」のアドレスをブラウザのURLボックスにペーストしてアクセスしてください。

表示されたIPアドレス
表示されたIPアドレス

ログイン画面のIDに「admin」、パスワードにルーター本体に書かれているパスワードを入力してください。

ルーターのログイン画面
ルーターのログイン画面

ルーター(モデム)からポート解放設定を行う

先述したようにポート解放の設定画面はルーターやモデムによって異なります。

株式会社バッファロー

ポートを開放する方法に関するFAQ。バッファローのサポートのコンテンツをご紹介。…

ポート開放の方法…

HUMAXの場合、「ネットワークの詳細設定へ」を開きます。

ネットワークの詳細設定ボタン
ネットワークの詳細設定ボタン

左メニューから「詳細設定」→「フォワーディング」を開きます。

フォワーディング設定
フォワーディング設定

フォワーディング設定に以下の設定を入力してください。

設定項目内容
プロトコルUDP
アプリケーションとポートユーザ定義
LAN側IPアドレスipcofigコマンドで調べたIPv4アドレス
LAN側開始ポート8211
LAN側終了ポート8211
WAN側IPアドレス0.0.0.0
WAN側開始ポート8211
WAN側終了ポート8211

「適用」をクリックしてポートの解放設定は完了です。

立てた専用サーバーに参加する

いよいよ立てたサーバーにパルワールドから参加してみましょう。

参加方法はホスト側とフレンド(ゲスト)側で異なります。

ホスト側のサーバー参加方法

「マルチプレイ(専用サーバー)」を選択してください。

パルワールドのスタートメニュー
パルワールドのスタートメニュー

IPアドレスの入力欄に「127.0.0.1:8211」と入力して「接続」をクリックします。

IPアドレス入力画面
IPアドレス入力画面

これで立てた専用サーバーに参加できました。

フレンド側のサーバー参加方法

フレンド側も「マルチプレイ(専用サーバー)」を選択してください。

パルワールドのスタートメニュー
パルワールドのスタートメニュー

IPアドレスの入力欄にホストのグローバルIPアドレスを入力して「接続」をクリックします。

グローバルIPアドレスは以下のサイトからチェックすることができます。

あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポ…

IPアドレス入力画面
IPアドレス入力画面

これでフレンドも立てた専用サーバーに参加できました。

レンタルサーバーを使って専用サーバーを立てる方法【初心者におすすめ】

レンタルサーバーを使って専用サーバーを立てる方法も紹介します。

こちらの方法は上記の自宅PCに立てる方法と違い、自宅のネットワークのセキュリティレベルを下げることもありませんので、初心者の方にも安心です。

今回は難しいコマンドラインの操作を必要としない、初心者でも簡単にサーバーを立てることができる「Xserver for Game」を使用していきます。

Xserver for Gameを申し込む

まずは、Xserver for Gameの公式サイトから申し込み手続きをします。

公式サイトの「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン
Xserver for Gameの「今すぐ」お申し込みボタン

Xserverアカウントを作成する

Xserver関連サービスで使用するアカウントを作成します。

「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックしてください。

※すでにXserverアカウントを持っている方は「ログイン」をクリックしてください。
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン
Xserver for Gameの「すぐにスタート!新規お申込み」ボタン

お客様情報を入力していきます。

Xserver for Gameのお客様情報入力画面
Xserver for Gameのお客様情報入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」をクリックしてください。

続いて、本人認証のために確認コードがメールで送られます。

Xserverから届いた確認コード
Xserverから届いた確認コード

メールを確認して、コードを入力しましょう。

Xserver for Gameの確認コードの入力画面
Xserver for Gameの確認コードの入力画面

最後に入力内容を確認して、問題がなければ「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面
Xserver for Gameのアカウント情報入力確認画面

これでXserverアカウントの作成は完了です。

申し込み内容を入力する

続いて、VPSの申し込みをします。

今回はパルワールドのアプリイメージを利用してさくっとサーバーを立てていきます。最初に「VPSのお申し込み」を選択しておきましょう。

申し込みフォームの必要項目を入力していきます。

Xserver for Gameのパルワールド申し込みフォーム
Xserver VPSのパルワールド申し込みフォーム

「イメージタイプ」に「パルワールド(Palworld)」を選択します。

rootパスワードは後ほど必要になりますので、忘れないようにどこかに控えておきましょう。

入力が完了したら、「お申し込み内容を確認する」をクリックしてください。

確認画面で申し込み内容を確認します。

パルワードイメージの申し込み確認画面
パルワードイメージの申し込み確認画面

問題がなければ、「お支払いへ進む」をクリックしてください。

支払い方法を設定する

支払い設定を行います。

「クレジットカード」か「Paidy」を利用して「コンビニ振り込み」か「銀行振込」が行えます。

「クレジットカード」でお支払いの方が、更新時の支払い忘れが防止できるので、個人的にはおすすめです。

支払い方法を選択して、「決済画面へ進む」をクリックします。

支払い方法の選択画面クレジットカード情報を入力して、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

クレジットカード情報の入力画面
クレジットカード情報の入力画面

内容を確認して、問題がなければ「支払いをする」をクリックしてください。

支払い情報の確認画面
支払い情報の確認画面

IPアドレスを確認する

サーバーの申し込みが完了したので、ゲームサーバー管理のダッシュボードを開いてみましょう。

「ゲームサーバー管理」をクリックしてください。

ダッシュボードのゲームサーバー管理ボタン
ダッシュボードのゲームサーバー管理ボタン

ダッシュボード右上に申し込みをしたVPSのIPアドレスが表示されています。

ゲームパネルに表示されたIPアドレス
ゲームパネルに表示されたIPアドレス

今後、サーバーのセットアップやパルワールドからサーバーに参加する際に必要になるので、どこかに控えておきましょう。

アプリイメージでインストールした場合ポート解放作業は必要ない

上記の流れでアプリイメージを使用して申し込みをした場合、ポート解放については初期状態でゲーム毎の推奨設定が設定されています。

基本的にこちらでポート解放作業を行う必要はありませんが、もし別途ポート解放の作業をしたい場合、Xserver for Gameのサポートページに詳しい手順が記載されています。

立てたマルチサーバーにパルワールドから参加する

さっそく立てた専用サーバーにパルワールドからアクセスしてみましょう。

Steamからゲームを起動してください。

「マルチプレイに参加する(専用サーバー)」を選択します。

パルワールドのスタートメニュー
パルワールドのスタートメニュー

IPアドレス入力欄に控えておいたVPSのIPアドレスとポート番号「:8211」を入力して、「接続」をクリックします。

例:162.xx.xxx.xx:8211
専用サーバーの検索画面
専用サーバーの検索画面

サーバーに参加できるとキャラクター作成画面が表示されます。

これで無事にマルチプレイができるようになりました。

フレンドにIPアドレスとポート番号を伝えて、同じように参加してもらいましょう。

パルワールドの専用サーバーにおすすめのレンタルサーバー4選

レンタルサーバー(VPS)を使ってマルチプレイする場合のおすすめサーバーを4つ紹介します。

どれもパルワールドのみならず、ゲームサーバーとして優秀なサーバーなのでぜひ参考にしてみてください。

パルワールドの専用サーバーにおすすめのレンタルサーバー4選
VPS月額(税込)総合評価公式サイト
Xserver for Game830円~ 4.5https://game.xserver.ne.jp/
ConoHa VPS(ConoHa for Game)2,033円~ 4.25https://www.conoha.jp/vps/
シン・VPS820円~ 4.15https://www.shin-vps.jp/
KAGOYA CLOUD VPS979円~ 4.0https://www.kagoya.jp/ad/game/

Xserver for Game

Xserver for Gameの公式サイト
Xserver for Gameの公式サイト

パルワールドを起動させる最低スペックであるメモリ8GBプランで1,601円〜※と、その他のレンタルサーバーと比べても圧倒的にコスパが良いです。

「ConoHa VPS」や「KAGOYA CLOUD VPS」と異なり、メモリ1GBプランは用意されていませんが、パルワールドを起動させるには8GB以上必要になりますので、気にしなくてよさそうです。

2024/1/23より初心者でも簡単にパルワールドサーバーを立てることができるアプリイメージの提供が開始されました。

運営元はレンタルサーバー大手の「エックスサーバー」が提供しており、実績は十分のためセキュリティ面やサービスの安定感は申し分ありません。

料金が割引になるキャンペーンも頻繁に実施されているため、うまく利用するとさらにコスパ良く利用できます。

※2024/03/04までのキャンペーン価格

【3月4日 12:00まで】最大半額キャッシュバック!
「Palworldマネージャ」リリース記念キャンペーン開催中

Xserver for Game公式サイトはこちら

「Xserver VPS」と「Xserver for Game」の違いは?

Xserver社では「Xserver VPS」と「Xserver for Game」の二つのVPSサービスを提供しています。

どちらのVPSでもパルワールドのマルチプレイサーバーを立てることができます。

2つのVPSの違いは、「Xserver VPS」はゲームサーバー以外の利用方法(システム開発やブログ運営など)としても活用できるのに対し、「Xserver for Game」はゲームサーバーに特化している点です。

Xserver for Game」はゲームサーバーに特化しているため、余計な機能がなくサーバー運用が初心者でもわかりやすくなっています。

その他の、料金体系やサポート内容、サーバーのスペックなどは全く同じです。
※キャンペーンによって料金体系が異なっている場合があります。

使い分けとしては、ゲームサーバーとしてのみ活用を考えており、スピーディにサーバーを立てたい方は「Xserver for Game」。

ゲームサーバー以外の用途でも活用を考えている方は「Xserver VPS」を選択すると良いでしょう。

ConoHa VPS(ConoHa for GAME)

ConoHa VPSの公式サイト
引用:ConoHa VPSの公式サイトより

「ConoHa VPS」は長期で契約すると割引になる「VPS割引きっぷ」という料金タイプが用意されているため、ある程度長期で契約する予定の方にもおすすめです。

ConoHaブランドは比較的新しいサービスですが、ゲーム用レンタルサーバーとしては実績が豊富で、マイクラやARKといったその他の人気ゲームでも利用者が数多くいます。

ダッシュボードの動作がやや重いという評判もありますが、サービスの充実度や運営元の信頼性は間違いありません。

「ConoHa VPS」と「ConoHa for GAME」の違いは?

Xserverの場合、「Xserver VPS」と「Xserver for Game」どちらもパルワールドのアプリイメージが提供されていますので、両者に違いはほとんどありませんでしたが、ConoHaの場合、「ConoHa for GAME」にはパルワールドのアプリイメージが提供されていますが、「ConoHa VPS」には提供されていません。

そのため、サーバー構築に慣れていない方でアプリイメージを利用してサクッとマルチサーバーを立てたい方は「ConoHa for GAME」がおすすめです。

サーバー構築に慣れている方でゲームサーバー以外の用途も考えている方は「ConoHa VPS」が良いでしょう。

シン・VPS

シン・VPSの公式サイト
シン・VPSの公式サイト

シン・VPSはXserver VPSを提供するエックスサーバー株式会社のグループ会社が提供するVPSです。

Xserver VPS同様、2024/1/23より初心者でも簡単にパルワールドサーバーを立てることができるアプリイメージの提供が開始されました。

UIや基本的な機能はXserver VPSと同じですが、より格安プランを提供している点が異なります。

ただ、パルワールド用として使用する場合、メモリ8GB以上のプランが必要なため、正直なところXserver VPSとの違いはほとんどありません。

将来的にプランを下げて、別用途として使用する予定であればこちらもおすすめです。

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPSのマルチプレイ特設ページ
KAGOYA CLOUD VPSのマルチプレイ特設ページ

KAGOYA CLOUD VPSもコスパという点では優秀なレンタルサーバーです。

上述したXserver VPSやConoHa VPSはモダンで使いやすいUIが提供されており、初心者でも利用しやすくなっていますが、KAGOYA CLOUD VPSはやや玄人向けといったところです。

ただ、サポートセンターの評判はよく、繋がりやすく対応にも定評があります。

専用サーバーをコミュニティ(公開)サーバーとして起動する方法

立てた専用サーバーをコミュニティサーバーとして公開する方法を紹介します。

WindowsSteamで立てた専用サーバーの場合

WindowsSteamで立てた専用サーバーをコミュニティサーバーとして起動したい場合、起動オプションで「Open and start as a community server」を選択しましょう。

コミュニティサーバーの起動オプション
コミュニティサーバーの起動オプション

そのまま「プレイ」をクリックすると、コミュニティサーバーの一覧に表示されるはずです。

WindowsSteamCMDで立てた専用サーバーの場合

WindowsSteamCMDで立てた専用サーバーをコミュニティサーバーとして起動したい場合、起動時の引数に以下のオプションを追加してください。

EpicApp=PalServer

LinuxSteamCMDで立てた専用サーバーの場合

LinuxSteamCMDで立てた専用サーバーをコミュニティサーバーとして起動したい場合、起動時の引数に以下のオプションを追加してください。

EpicApp=PalServer

 

Palworld tech guide – Community server guide

専用サーバー(公式サーバー)に入れない?

専用サーバーは自分で立てる方法の他に、公式が用意している公式サーバーがあります。

ただ、公式サーバーは人数がいっぱいで入れない場合がある上、アクセスが多いと不安定になる場合があります。

定員オーバーで入れない場合は、時間をおいて再度参加してみましょう。

プレイヤーがログアウトすると順番に入ることができます。

まとめ

今回はパルワールドの専用サーバーの立て方を紹介していきました。

専用サーバーを立てる方法は大きくSteamクライアントからGUIでダウンロードする方法とコマンドラインでダウンロードする2つの方法があります。

前者の方が簡単に構築できるのでおすすめですが、ポート解放やファイアウォールの設定などは専門的な知識が必要です。

ネットワークやサーバーの知識に自信がない方は、今回加えてご紹介したレンタルサーバーを使った専用サーバーも検討してみると良いと思います。

レンタルサーバーを利用すると自宅のネットワークのセキュリティリスクを気にせずに専用サーバーを立てることができます。