ロリポップ!の契約を解約する方法!残り期間中の返金や再契約に関しても解説

レンタルサーバーを移転したり、Webサイト時代を閉鎖する場合、レンタルサーバーをの契約を解約しなければなりません。

今回はロリポップ!のレンタルサーバーを解約する方法をご紹介します。

お試し期間中の方で、継続契約をしたくない方の解約方法もご紹介していますので、そちらをご参考ください。

ロリポップ!を解約する方法

ロリポップ!を解約する方法は2つあります。

自動更新を解除する

クレジットカードを登録し、レンタルサーバーの契約を自動更新設定にしている方は、自動更新を解除しましょう。

自動更新設定を解除し、次回の支払いを行わないと契約期間の終了時点で解約されます。

関連記事

ロリポップ!の支払い方法一覧ロリポップ!のレンタルサーバーを契約する際、以下の方法から支払い手段を選ぶことができます。支払い方法概要クレジット決済VISA、Master、JCB、Diners、Amer[…]

解約手続きをする

ロリポップ!には、解約の申し込みフォームも用意されています。とても簡単に解約手続きが完了できますので、こちらでも問題ありません。

ロリポップ!の自動更新を解除する(更新しない)方法

トップページに行き、「ユーザー専用ページ」を開きます。

ユーザー専用ページから「契約・お支払い」→「サーバー契約・お支払い」をクリックします。

 

「自動更新設定」の下部に「解除」ボタンをあるので、クリックしましょう。

自動更新設定を解除しても、契約期間内はレンタルサーバーを利用できますので、契約期間を確認しておきましょう。

ロリポップ!の解約手続きをする方法

ユーザー専用ページから「ユーザー設定」→「アカウント情報」をクリックします。

「契約状況」という項目に「解約をご希望の方はこちら」があるので、こちらから解約手続きを行います。

解約手続きページの下部にある「解約フォーム」をクリックします。

解約フォームの「お客様のご意見、今後期待することなどお聞かせ下さい。」の入力欄に意見などを記入し、「解約するボタン」をクリックすれば、解約完了です。

解約後も契約期間内はアカウントは有効になっています。

ロリポップ!お試し期間中の解約

ロリポップ!の10日間のお試しキャンペーンをご利用の方は期間中に解約することが可能です。

解約手続きを行わなくても、10日間が過ぎると自動的に利用停止なりますが、キャンペーン中に利用を停止したい方は以下の解約手続きを行いましょう。

お試し期間中の解約方法

トップページに行き、「ユーザー専用ページ」を開きます。

ユーザー専用ページから「契約・お支払い」→「サーバー契約・お支払い」をクリックします。

お試し期間中の場合には、■ご契約内容一覧の下部に「お試し期間中の方は契約のキャンセルが出来ます」という文章が表示されています。

そちらをクリックしましょう。

アカウント情報ページの「契約状況」の項目に「お試し期間 解約をご希望の方はこちら」という文章があるのでクリックします。

解約手続きページの下部にある「解約フォームへ」というボタンをクリックします。

解約手続きフォームが表示されるので、意見などあれば記入し契約キャンセルボタンをクリックしてください。

これで解約は完了です。

ロリポップ!を解約したら返金されるの?

ロリポップ!を解約しても、残りの契約期間分の料金は返金されません。利用規約の第11条の1に記述されています。

公式でも書かれていますので、詳しくは下記を参考にしてください。

ロリポップ!レンタルサーバー

利用規約にも記載の通り、解約などお客様都合によるご返金はできません。ご了承ください。…

解約完了後に再契約はできる?

解約を完了した後に、元のアカウントのまま再び契約することができます。

契約更新を忘れ、意図せず解約してしまった場合などにも対応できるので安心です。

詳しい方法は公式で説明されているので、そちらをご確認ください。

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル ロリポップ!レンタルサーバーの契約終了後のご利用について説明したマニュア…

ロリポップの解約方法のまとめ

ロリポップ!のレンタルサーバーの解約手続きはとても簡単です。
無料の独自SSLが利用できるエックスサーバーなどの他のレンタルサーバーに移転するために解約する方もいましたが、今はロリポップ!でもLet’s Encryptを利用できるようになっています。

解約への導線を敢えてわかりづらくしているサービスもある中で、ロリポップ!は初心者でも使いやすい良心的なレンタルサーバーではないでしょうか。

無料の独自SSLが利用できるレンタルサーバー

参考としてLet’s Encryptなど無料で独自SSLが利用できる主なレンタルサーバーを紹介しておきます。

レンタルサーバー無料独自SSL
IQサーバーLet’s Encrypt
mixhostComodo
wpXクラウドLet’s Encrypt
Zenlogic・標準独自SSL
(シマンテックグループ発行)
Let’s Encrypt
ロリポップ!Let’s Encrypt
エックスサーバーLet’s Encrypt
wpXレンタルサーバーLet’s Encrypt
リトルサーバーLet’s Encrypt
さくらのレンタルサーバーLet’s Encrypt
関連記事

レンタルサーバーには無料で利用できるものもあります。ただ、有料のレンタルサーバーと違い、広告が強制的に表示されたり、各種サポートも受けることができないものがほとんどです。本格的にWebサイトを運用していくにはあまり向いていませんが、Webサ[…]

関連記事

これからWordPressを使って自分のWEBサイトを運営しようと考えている方で悩むことが多いのがWEBサーバー選びです。色々なレンタルサーバーがある中で、安さで選ぶのか、スペックで選ぶのか。スペックで選ぶならどの指標を見るべきなの[…]

wordpress レンタルサーバー