ロリポップ!にインストールしたWordPressを削除する方法

ロリポップ!にインストールしたWordPressで、使わなくなってしまった、あるいは一からインストールしなおしたいという場合に、WordPressを削除する方法を紹介します。

ロリポップ!のWordPressの削除方法

最初に注意したいのが、WordPressは一度削除すると当然ですが、全てのデータが消滅します。自己責任で行ってください。

また、マルチドメインで同じサーバーに複数のWebサイトを運用している場合は、間違って他のWordPressを削除してしまわないようによく確認して行ってください。

データベースサーバーの確認

WordPressを削除するには、Webサーバーに格納されたWordPressファイル・フォルダとデータベースサーバーに格納されたデータを削除する必要があります。

まず最初に、削除するWordPressデータベース名を確認します。

WordPress簡単インストール機能を利用した方と自身でWordPressをインストールした方では方法が異なりますので、状況に合わせてどちらか一方の方法で確認してください。

WordPress簡単インストール機能を利用した方

ロリポップ!のユーザー専用ページから「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

wordpress簡単インストール

「WordPressインストール履歴」を確認して、削除したいWordPressの「利用データベース」と「テーブル接頭辞」をメモしておいてください。

WordPressインストール履歴

自身でWordPressをインストールした方

お使いのFTPもしくは、ロリポップ!FTPでWordPressをインストールした公開(アップロード)フォルダをクリックしてください。

「wp-config.php」を開いてください。

ロリポップ!FTP

24行目付近のdefine(‘DB_NAME’,’〇〇’);と書かれている箇所の”〇〇”がデータベース名です。

wp-config.phpのデータベース名

70行目付近の$table_prefix = ‘〇〇’;と書かれている箇所の’〇〇’がテーブル接頭辞です。こちらの両方をメモしておいてください。

wp-config.phpのテーブル接頭辞

WebサーバーのWordPressファイル・フォルダを削除

WebサーバーのWordPressファイル・フォルダを削除します。

ロリポップ!のユーザー専用ページにログインしてください。「サーバーの管理・設定」→「独自ドメイン設定」をクリックします。設定されている独自ドメインとそれに対応する公開(アップロード)フォルダが表示されます。

この公開(アップロード)フォルダの中にWordPressファイル・フォルダが格納されていますので、削除したいWordPressの公開(アップロード)フォルダをメモしておいてください。

ロリポップ!公開フォルダ

お使いのFTPソフトもしくは、ロリポップ!FTPでWebサーバーにアクセスしてください。

先ほどメモした公開(アップロード)フォルダをクリックし、中身のWordPressファイル・フォルダを全て削除します。

WordPressファイルの一覧は下記です。

  • wp-adminフォルダ
  • wp-contentフォルダ
  • wp-includesフォルダ
  • index.php
  • license.txt
  • readme-ja.html
  • readme.html
  • wp-activate.php
  • wp-blog-header.php
  • wp-comments-post.php
  • wp-config-sample.php
  • wp-config.php
  • wp-cron.php
  • wp-links-opml.php
  • wp-load.php
  • wp-login.php
  • wp-mail.php
  • wp-settings.php
  • wp-signup.php
  • wp-trackback.php
  • xmlrpc.php

WordPressを使わず作成しているファイル・フォルダがある場合は、そちらのファイル・フォルダを削除しないように注意してください。

WordPressとともにWebサイト自体を削除する場合はまるっと全てのファイルを削除してしまって大丈夫です。

WordPressフォルダを削除

これでWebサーバーのWordPressファイル・フォルダの削除は完了です。

データベースの削除

ロリポップ!のユーザー専用ページから「サーバーの管理・設定」→「データベース」をクリックします。

先ほどメモしておいたデータベース名と同じデータベースを探し、「操作する」をクリックしてください。

データベースの操作

「phpMyAdmin」をクリックしてください。「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「サーバー」を選択して「実行」をクリックします。

phpMyAdmin ログインページ

先ほどメモしたデータベース名を選択してクリックします。同様に先ほどメモしたテーブル接頭辞がついたテーブルに全てチェックを入れます。

注意:同じデータベースに削除予定のWordPress以外のデータが入っている場合、間違ったテーブル接頭辞のデータを削除しないように注意してください。

phpMyAdminでWPファイルを削除

下部にある「チェックを入れたものを」のプルダウンを「削除」にしてください。

データベースを削除

確認ウィンドウが表示されるので、「はい」をクリックしてください。

データベースの削除を確認

これでデータベースの削除が完了し、WordPressが削除されました。

ロリポップでWordPressを再インストールする方はこちら

制作費用参考表

想定費用 想定納期
コーポレートサイト 10万円〜 1ヶ月〜
メディアサイト 10万円〜 1ヶ月〜
WordPressテンプレートプラン 5万円〜 3週間〜
ランディングページ 5万円〜 1ヶ月〜
保守運用 1万円〜 -
SEOコンサルティング 1万円〜 最低契約期間3ヶ月
その他サイト不具合等のご相談 応相談