ロリポップ!にWordPress(ワードプレス)をインストールする方法!インストールできないときの対処法も解説

ロリポップ!は初心者の方でも簡単にWebサイトを公開できるように、マニュアルやサポート体制が充実している良心的なレンタルサーバーです。

通常、WordPressをインストールするには、WordPressファイルをダウンロードし、それをアップロードするためのデータベースを設定するなど少し作業に手間がかかります。

ロリポップ!では、そのような面倒な作業を省略し、簡単にWordPressをインストールすることができる「WordPress簡単インストール」機能が用意されています。

今回はその「WordPress簡単インストール」機能を使って、ロリポップ!にWordPressをインストールする方法をご紹介します。

ロリポップ!のWordPress簡単インストールを使って設置する

トップページより「ユーザー専用ページ」を開いてください。

左サイドメニューより「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」をクリックします。
下記の入力項目を設定しましょう。

  • サイトURL:WordPressをインストールするドメインとディクレトリを選択します。ディレクトリ名は任意の名前をつけてください。
  • 利用データベース:インストールするWordPressを格納するデータベースを選択します。新規で作成する場合は、「新規自動作成」を選びます。
  • サイトタイトル:インストールするWordPressのサイトタイトルを記入します。
  • ユーザー名:WordPressの管理画面にログインする際に必要なユーザー名を設定します。
    ※セキュリティ上「admin」、「Admin」、「administrator」、「test」、「root」はユーザー名に設定することができません。
  • パスワード:WordPressの管理画面にログインする際に必要なパスワードを設定します。
  • メールアドレス:メールアドレスを設定します。

入力が完了したら、「入力内容確認」をクリックしてください。

内容に間違いがなければ、「承諾する」にチェックを入れ、「インストール」をクリックします。

テーブル接頭辞について

WordPressをインストールするには、必ずデータベースが必要になります。しかし、1つのWordPress(データベースを必要とするWebサイト)に対して、1つのデータベースが必要になるわけではなく、複数のWordPress(データベースを必要とするWebサイト)を1つのデータベースにインストールすることができます。

データベース内では、複数のWordPress(データベースを必要とするWebサイト)データを”テーブル”と呼ばれるグループに分けて管理されます。

どのテーブルがどのWordPress(データベースを必要とするWebサイト)のデータなのか分かりやすくするように、”テーブル接頭辞”という目印のようなもので紐づけられています。

これでインストールは完了です。

「管理者ページURL」をクリックして、ログイン画面を確認しましょう。

インストール時に設定したユーザー名とパスワードでログインします。

無事ログインできました。

WordPressが正常にインストールできないときの確認事項

↑のような画面が表示され、WordPressが正常にインストールできない場合は、下記の項目を確認してみてください。

WAF設定を一時的に無効にする

ロリポップ!の「サイト作成ツール」のページを確認すると下記のようなメッセージが表示されています。

WAF設定が『 有効 』の状態では、アプリケーションをインストールする際、エラーが発生する場合がございます。
その場合、『 WEBツール 』の『 WAF設定 』にて該当のURLの設定状態を一旦『 無効 』に変更し再度インストールを行ってください。

実際に確認してみます。

左メニューより「セキュリティ」→「WAF設定」を開きます。

インストールしたドメインの「設定状況」を確認し、”有効”となっていたら、「設定変更」の項目を”無効にする”をクリックしてください。

再度WordPressをインストールして確認してみましょう。

無事インストールが完了したら、「WAF設定」を”有効”に忘れずに戻しておいてください。

インストール先フォルダのパーミッションを確認する

WordPressのインストール先フォルダのパーミッションが書き込み不可になっていると正常にインストールできない場合があります。

確認してみましょう。

ロリポップ!FTPもしくはお使いのFTPソフトでインストール先のフォルダに移動します。

wp-config.phpのファイル属性を確認してください。「400」など書き込み不可の属性になっている場合、「644」などに変更し、一時的に書き込みができる状態にします。
再度WordPressをインストールして確認してみましょう。

無事インストールが完了したら、wp-config.phpのファイル属性を「400」に忘れずに戻しておいてください。

パーミッションについてはこちら

データベースのパスワード形式を確認する

ロリポップ!ではPHP7.1が採用され、データベースの接続形式が従来のPHPバージョンより高いセキュリティレベルになっています。

しかし、PHP7.1を利用しているドメインから、古いパスワード形式(old_password景色)を利用しているデータベースに接続しようとするとエラーが表示されます。

「WordPress簡単インストール」機能で正常にインストールされない場合やWebサイトにアクセスした際に”データベース接続確立エラー”というメッセージが表示される場合、下記の対処をしてみてください。

スタンダードプラン・エンタープライズプランを利用している場合

インストール時に作成するデータベースを「新規自動作成」にしてください。

新規作成されるデータベースは自動的にPHP7.1に対応した「native_password形式」になっています。

ライトプランを利用している場合

ライトプランを利用している方は使用しているデータベースのMySWLのバージョンによって対応が変わります。

MySQLのバージョンは左メニュー「サーバーの管理・設定」→「データベース」で確認することができます。

使用しているデーターベースがMySQL5.1またはMySQL5.6の場合

左メニュー「サーバーの管理・設定」→「データベース」をクリックします。

インストール時に設定したデータベースを確認し、「操作する」をクリックします。

「パスワード確認」をクリックし、設定しているパスワードをメモしておいてください。

「パスワードを再設定する」をクリックします。

メモしておいたパスワードを入力し、「パスワードを再設定する」をクリックします。

確認画面で「OK」をクリックして完了です。

使用しているデーターベースがMySQL4の場合

MySQL4を使用している場合、MySQL5に移行する必要があります。移行方法は公式ドキュメントを参考にしてください。

その後、上記と同じようにパスワードを再設定して完了です。

使用しているデーターベースがMySQL5.0の場合

MySQL5.0を使用している場合、自分では対応できません。サポートに連絡しましょう。

wp-admin/install.phpの確認

WordPressのファイルをサーバーにアップロードしても、データベースが用意されていなかったり、データベースにテーブル(WorPressのデータ)が格納されていない場合、正常にWordPressが表示されません。

WordPressのデータをデータベースにインストールするには、wp-admin/install.phpが必要です。ロリポップ!FTPもしくはご使用のFTPソフトを使ってWordPressフォルダの中にwp-admin/install.phpがあるか確認しましょう。

ない場合はWordPress公式サイトより、WordPressのzipファイルをダウンロードし解凍してください。

その中に入っているinstall.phpをロリポップ!にアップロードしているWordPressフォルダwp-adminにアップロードしてください。

再度WordPressをインストールして確認してみましょう。

ロリポップ!にWordPressをインストールする方法のまとめ

ロリポップ!はサポート体制がとても充実している良心的なレンタルサーバーです。WordPressのインストールも手軽に行うことができ、難しいデータベースの設定やファイルのアップロードをする必要がありません。

皆さんも今回の記事を参考にWordPressでWebサイトを運用してみてください。

制作費用参考表

想定費用 想定納期
コーポレートサイト 10万円〜 1ヶ月〜
メディアサイト 10万円〜 1ヶ月〜
WordPressテンプレートプラン 5万円〜 3週間〜
ランディングページ 5万円〜 1ヶ月〜
保守運用 1万円〜 -
SEOコンサルティング 1万円〜 最低契約期間3ヶ月
その他サイト不具合等のご相談 応相談