エックスサーバー サブドメインのサムネイル

エックスサーバーでサブドメインを設定する方法!WordPressも簡単インストール

サブドメインとは?

サブドメインはexample.comのような通常のドメイン(ルートドメインといいます)を、blog.example.comのようにドメイン名に任意の名前をつけることで、ルートドメインとは別のサイトとして切り出して使用するドメインのことです。

別のサイトとして運営したいけど、お互いのサイトに関連性がある場合に使用されるドメインです。

例:ヤフー株式会社
https://www.yahoo.co.jp/ (Yahoo! JAPAN)
https://shopping.yahoo.co.jp/ (Yahoo!ショッピング)
https://auctions.yahoo.co.jp/(ヤフオク!)

エックスサーバーでサブドメインを設定する手順

エックスサーバーのサブドメイン 設定はサーバーパネルから行います。ログインしてサーバーパネルを開いてください。

サブドメインの追加

「ドメイン」欄にある「サブドメイン 設定」をクリックします。

サーバーパネルのサブドメイン 設定ボタン

サブドメイン設定したい独自ドメインを選択します。エックスサーバーの契約時に取得した初期ドメインには、サブドメイン設定ができませんので注意してください。

サブドメインのドメイン選択画面

「サブドメイン設定」画面で「サブドメイン設定追加」タブを開きます。

サブドメインの設定画面

サブドメイン名の記入欄に任意の名前を記入してください。ここで記入した名前がドメイン名の前に入ります。

サブドメイン名の入力画面

「無料独自SSLを利用する」にはチェックを入れておきましょう。記入が完了したら、「確認画面に進む」をクリックしてください。

サブドメイン名の付け方

名前の付け方はサブドメインの使用用途に合わせた名前が良いです。ブログ用であればblog、ECサイト用であればshopなどがユーザーにもわかりやすいですし、検索ロボットにも認識しやすいのでSEOの観点からも良いでしょう。

確認画面で問題がなければ、そのまま確定して設定完了です。

サブドメインに独自SSLを設定

サブドメイン設定時に無料独自SSL設定にチェックを入れ忘れた場合でも、サーバーパネルから独自SSLを設定することができます。

「ドメイン」欄の「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバーのSSL設定ボタン

SSL設定画面で独自SSL設定追加タブを開いてください。設定対象ドメインをサブドメインを選択して、「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

独自SSL設定画面

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するはチェックを入れなくても問題ありません。
確認画面で「追加する」をクリックしてください。

 

エックスサーバーのサブドメインにWordPressを設定する手順

エックスサーバーでは、サブドメインにWordPressをインストールする方法も、通常のドメインにインストールする手順と同じく簡単です。

今回は「WordPress簡単インストール」機能を使う方法を紹介します。

サーバーパネルの「WordPress」欄にある「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

エックスサーバーのWordPress簡単インストールボタン

ドメイン選択画面で先ほど設定したサブドメインを選択します。

エックスサーバーのWordPressインストール先ドメイン

「WordPress簡単インストール」画面で「WordPressのインストール」タブを開いてください。

エックスサーバーのWordPressリスト

必要項目を入力していきます。インストールURLは必ず設定したサブドメインにしておきましょう。データベースは「自動でデータベースを作成する」を選択してください。

WordPressインストールの設定項目

確認画面で問題がなければ、「インストール(確定)」をクリックして、インストールは完了です。

WordPressのインストール完了画面

関連記事

エックスサーバーの申し込みエックスサーバーの申し込みがまだの方は以下から申し込みをしましょう。エックスサーバーの公式サイトエックスサーバーが提供しているプランはこちらです。中規模以上の事業者ではない限り、X10プランで事足りるか[…]

エックスサーバー  WordPressのサムネイル

エックスサーバーのサブドメインにFTPで接続する方法

サブドメインのアップロード先ファイルを確認

サブドメインにWordPressをインストールしましたが、インストール先のディレクトリを確認しておきます。

エックスサーバ ーでは、サブドメインを作成した際、独自ドメイン(ルートドメイン)のファルダの中にサブドメインのディレクトリが作成されます。

example.com/public_html/サブドメイン

サブドメインのディレクトリ構造

FTPでファイルをアップロードする際はこのファルダ内にアップロードしましょう。

.htaccessファイルでサブディレクトリにアクセス拒否を設定

ただ、この構造では、https://sub.example.com/でもhttps://example.com/sub/でもどちらでもサブドメインのWebサイトにアクセスできてしまいます。

特に問題ない方はそのままでも運用可能ですが、念のため.htaccessファイルを使って、https://example.com/sub/のアクセスを拒否しておくと良いと思います。

.htaccessファイルに下記のコマンドを記述します。SetEnvlt Host “^sub.example.com$” host の部分は、ご自身で設定したサブドメイン名に変更して使ってください。

SetEnvIf Host "^サブドメイン.独自ドメイン$" hostorder deny,allowdeny from allallow from env=host

.htaccessファイルはサブドメインのフォルダ(example.com/public_html/サブドメイン)に設置しましょう。WordPressをインストールした方は自動的にサブドメインフォルダに.htaccessファルがあると思いますので、そこに記述してください。

サブディレクトリへのアクセス拒否文

エックスサーバーにサブドメインを設定する方法のまとめ

エックスサーバーでは、サブドメインの設定もサーバーパネルで簡単に行うことができます。追加したサブドメインにWordPressをインストールする方法も通常通りの簡単インストール機能が用意されているのでありがたいですね。

アクセス拒否設定など細かいカスタマイズはやや専門的なコマンドが必要になりますので、不安な方はその部分だけ専門の方に実装をお願いしても良いかもしれません。