サムネイル

mixhostとエックスサーバーを徹底比較!初心者におすすめなのはどっち?

mixhostの概要

mixhostのホームページ

2016年にサービス提供を開始した「mixhost」は大阪に本社を置くアズポケット株式会社が提供するレンタルサーバーです。

mixhost会社概要
会社名アズポケット株式会社
本社所在地〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-10-5-702
事業内容インターネットインフラ事業
電気通信事業法に基づく電気通信事業
設立2016年4月11日

個人でも利用できる価格帯でありながら、ハイスペックはサーバー機能を提供しており、2019年7月期、日本マーケティングリサーチによる調査で「アクセス処理速度」「表示スピード」「アフィリエイター&ブロガー」満足度No.1を獲得しています。

エックスサーバーの概要

エックスサーバーのホームページ

エックスサーバー株式会社は、2004年に設立されたホスティング業界の中でも実績の高いレンタルサーバーです。

xserver会社概要
会社名エックスサーバー株式会社
本社所在地〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 32F
事業内容ホスティングサービス事業
WEBアプリケーションシステムの開発事業
その他、インターネット関連サービス事業
設立2004年1月23日

XSERVER」の他にも、法人向けに提供している「XSERVER Business」やWordPress専用クラウド型レンタルサーバー「wpX Speed」、2021年5月には「XSERVER」のシステムをベースとした新世代レンタルサーバー「wpXシン・レンタルサーバー」の展開を開始しています。

ドメイン取得サービス「XSERVER DOMAIN」も提供しており、ホスティングサービスを始め、関連するインターネット事業を幅広く提供しています。

運用サイト200万サイト突破バナー

運用歴18年以上の豊富なノウハウで、2021時点で運用サイト数は200万件を突破しています。

mixhostとエックスサーバーの特徴を比較

mixhostとエックスサーバーのそれぞれの特徴を比較していきます。

比較対象のプランは、最も一般的に使用されている「mixhost スタンダードプラン」と「エックスサーバー スタンダードプラン」で比較していきます。

料金の違いは?

mixhostは初期費用が無料なのに対し、エックスサーバーは3,300円となっています。

エックスサーバーは10日間の無料お試し期間があるため、導入のハードルが高いわけではありませんが、初期コストはmixhostの方が抑えられるでしょう。

また、月額費用は3ヶ月~36ヶ月の契約期間が用意されていますが、どちらも契約期間が長くなればなるほど割引になるシステムとなっています。

3ヶ月、6ヶ月契約では、エックスサーバーの方が安くなっていますが、12ヶ月以上の契約となるとmixhostの方が安くなっていますね。

契約期間mixhostエックスサーバー
初期費用
無料3,300円
月額料金
3ヶ月1,518円/月1,320円/月
6ヶ月1,298円/月1,210円/月
12ヶ月1,078円/月1,100円/月
24ヶ月1,023円/月1,045円/月
36ヶ月968円/月990円/月

初期コストが全然違いますね。初期コストをできるだけ抑えたいという方はmixhostがおすすめです。

月額料金は3ヶ月契約では200円/月ほどの差がありますが、そのほかの契約期間になると100円未満の差ですので、6ヶ月以上の契約を見込んでいる方はランニングコストはそれほど差はないと思って良いと思います。

容量・スペックの違いは?

mixhostとエックスサーバーのサーバーの容量とスペックを比較してみます。

 mixhostエックスサーバー
ディスク容量250GB300GB
転送量18.0TB/月900GB/日
CPUIntel Xeon 36コア72スレッド
EPYC(Rome世代) 48コア96スレッド
ホストサーバーメモリ256GB512GB
割り当てメモリ4GB8GB
データベースMariaDB 10.3.x MySQL 5.7/MariaDB 10.5
WebサーバーLiteSpeed 5.x.xApache 2.4.x、Nginx
データセンター東京非公開

全体的にエックスサーバーの方がやや優秀といったところでしょうか。

ただ、ディスク容量や転送量、CPU等のサーバー機器のスペックどれをとってもどちらもハイスペックな水準となっています。

「少しでもハイスペックなサーバーを求めたい!」という方であれば、エックスサーバーをおすすめしますが、決定的にスペックが違うというわけではありませんので、サポート体制やサービス内容も重要という方はほかの要素も比べて判断した方が良さそうです。

エックスサーバーの方が全体的にややスペックが高いサーバーとなっています。ただ、どちらもハイスペックなのは間違いなく、決定的な違いはありませんので、サポート体制やサービス内容も確認して検討しましょう。

サポートの違いは?

共用レンタルサーバーは基本的にメンテナンスフリーで運用が可能ですが、独自ドメインの紐付けやWordPressのインストールなど初心者の方が躓きやすいポイントもいくつかあります。

そんな時に助けになるのがカスタマーサポートです。

特に誤ってWebサイトを落としてしまった場合や契約面でのトラブルなど、緊急性の高い事象においては、電話によるサポート窓口があると、速いレスポンスが得られ安心です。

mixhost、エックスサーバーのカスタマーサポート体制はどうなっているのか見てみましょう。

mixhostエックスサーバー
サポート窓口メールメール、電話
サポート対応時間平日(10:00~18:00)平日(10:00~18:00)

mixhostはメールのみの対応に比べて、エックスサーバーでは電話でのサポートも受け付けています。

即時解決したい事象などは電話が助かるケースも多いため、サポート体制ではエックスサーバーに軍配が上がりそうです。

Webサイト運営が初心者の方やサーバーのセットアップ、サイト引っ越しなどで不安がある方は電話サポートがあるエックスサーバーがおすすめです。

サービスの違いは?

独自SSLやWordPressの簡単インストール機能などWebサイト運用でよく利用する機能がサービスが含まれているか見てみましょう。

また、サーバーを契約すると無料で独自ドメインが取得できるサービスを提供しているレンタルサーバーもあります。mixhostとエックスサーバーはどうでしょうか。

mixhostエックスサーバー
独自ドメイン無料×
無料の独自SSL
無料の自動バックアップ過去14日分過去14日分
CMSインストール
WordPress簡単引っ越し
Webフォント×

mixhostはサーバー契約中、独自ドメインが無料でもらえるのが魅力的です。エックスサーバーも独自ドメインが無料でもらえるキャンペーンが開催されている時もありますが、通常時はこの特典はありません。

その他のサービス内容はほとんど違いはないようです。どちらも無料の自動バックアップ機能が提供されており、初心者の方でも安心してサーバー運用が可能となっています。

少しでもWebサイト運用費用を抑えたいという方は独自ドメインが無料でもらえるmixhostがおすすめです。長期契約では月額費用でもmixhostが安いためコスパ重視という方はmixhostにしましょう。
関連記事

エックスサーバーの申し込みエックスサーバーの申し込みがまだの方は以下から申し込みをしましょう。エックスサーバーの公式サイトエックスサーバーが提供しているプランはこちらです。中規模以上の事業者ではない限り、X10プランで事足りるか[…]

エックスサーバー  WordPressのサムネイル

契約面での違いは?

お試し期間の有無やアダルトサイトの可否などレンタルサーバーによって、様々な利用条件があります。

契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

mixhostエックスサーバー
最低契約期間3ヶ月3ヶ月
無料お試し期間30日間返金保証10日間
再販の可否
支払い方法クレジットカードクレジットカード、銀行振込、ペイジー、コンビニ払い、paidy
アダルトサイト×
出会い系サイト×

一番大きな違いは無料のお試し期間の有無とアダルトサイト、出会い系サイトの可否でしょうか。

エックスサーバーは10日間の無料のお試し期間が用意されています。まずは一度利用してみたいという方はエックスサーバーがおすすめです。

対して、mixhostは無料のお試し期間がありませんが、30日間の返金保証があります。万が一mixhostのサービスに満足できなかった場合、初回の申し込みから30日以内の解約で利用料金が返金されるため安心して契約ができます。

また、成人向けのアダルトサイトや出会い系サイトを運用しようと考えている方はエックスサーバーは規約違反になりますので、mixhostを利用しましょう。

エックスサーバーは10日間の無料お試し期間が用意されているのが魅力的です。mixhostはお試し期間はありませんが、返金保証制度を利用し申請さえすれば、30日間以内であれば利用料金が返金されます。

特に申請の必要はなくだれでも10日間は無料で利用できるため、気軽にまずは利用したいという方はエックスサーバーがおすすめです。

mixhostのメリット

mixhostの下記5つのメリットを紹介します。

  • バックアップが手軽にできる
  • 共用サーバーでありながらクラウドサーバーの特性も併せ持つ
  • 30日間返金保証がある
  • 表示スピードが速いと評判
  • アダルト・出会い系サイトも運営可

バックアップが手軽にできる

バックアップイメージ

バックアップ体制が充実しています。mixhostでは、同一サーバー内の複数のSSDにリアルタイムでデータをコピーし、データセンターに設置されたバックアップサーバーに1日1回自動的にバックアップする事により、故障や災害などによるデータの消失に備えています。

バックアップから復元(レストア)も無料で行ってくれるため、ブロガー、アフィリエイターはもちろん、バックエンドエンジニアの手間も省ける嬉しい機能です。

共用サーバーでありながらクラウドサーバーの特性も併せ持つ

クラウドサーバーのイメージ

共用レンタルサーバーであるため、メンテナンスフリーで安価にサーバーを利用できる上、独自のコンテナ技術により同一サーバーの他のユーザーの影響を受けない構成キュリティで安定したサーバー運用が可能となっています。

また、プラン変更時の利用料金は日割り計算となるため、必要なリソースを必要なだけ利用可能です。

30日間返金保証がある

返金のイメージ

無料のお試し期間はありませんが、mixhostには30日間の返金保証があります。サービスに満足できない場合は制度を活用することで、利用料金を返金してくれます。

表示スピードが速いと評判

サイトスピードのイメージ

mixhostは口コミでも表示スピードが速いと評判です。

Webサーバーには従来型のApacheではなく、より速度が速いLiteSpeedを採用しています。

また、WordPress専用キャッシュ機能でWordPress専用クラウドサーバーにも負けない圧倒的な高速表示を実現しています。

アダルト・出会い系サイトも運営可能

mixhost_adult

「mixhost adult」と別サービスに切り分けていますが、通常の「mixhost」で契約してアダルトサイトを運営しても問題ありません。

どちらもサービス内容に違いはありません。mixhostユーザー限定のウェビナーやDMM.com担当者が付いてアフィリエイトの訴求を教えてもらえる特典があるため、アダルトサイトでアフィリエイトをやってみようという方にはおすすめです。

mixhostのデメリット

無料お試し期間がない

無料のお試し期間がありません。ただ、30日間返金保証が用意されていますので、不満があった場合は、返金対応に応じてくれます。

電話サポートがない

電話サポートがないところが惜しい点です。緊急時などはレスポンスの早い電話でのサポートが助かりますが、メールでの対応となるため、即時解決したい場合は少し不便かもしれません。

管理画面の操作は慣れが必要

cPanelのダッシュボード
mixhostの管理画面

管理画面には世界シェアNo.1のcPanelが採用されています。ですが、初心者にとっては馴染みがなく、デザインもモダンとは言えないため最初は慣れが必要かもしれません。

mixhostがおすすめな方

ここまでのまとめとして、mixhostがおすすめな方を下記に挙げておきます。

  • 堅牢なデータセンターでしっかりとしたバックアップ体制を確保したい方
  • 信頼性の高いスペックデータをもとに確実に高速表示環境を手に入れたい方
  • アダルト・出会い系サイトを運用予定の方

エックスサーバーのメリット

エックスサーバーの下記4つのメリットを紹介します。

  • 国内シェアNo.1で信頼性が高い
  • WordPressサイトの表示スピードが速い
  • サポート体制が充実している
  • 10日間の無料お試し期間がある

国内シェアNo.1で信頼性が高い

2021年10月時点、hostadvice.comより引用
レンタルサーバーシェア
エックスサーバー14.60%
ロリポップ!14.15%
さくらのレンタルサーバ13.38%
DigiRock
コアサーバーバリューサーバーetc)
4.33%

エックスサーバーは、2021年時点の国内レンタルサーバーのシェアがNo.1となっています。

個人での導入できる価格帯でありながら、高いスペックのサーバー機器と豊富な運用実績で個人向けから官公庁・大手企業まで幅広く利用されている王道のレンタルサーバーです。

レンタルサーバー選びに迷って、どれを選べば良いのかわからないという方はとりあえずエックスサーバーにしておけば無難に運用できるでしょう。

WordPressサイトの表示スピードが速い

エックスアクセラレータバナー

Webサイト高速・安定化機能として「エックスアクセラレータ」が標準搭載されており、機能停止時に比べてPHPの処理速度は20倍、WordPressの処理速度は10倍に向上しています。

エックスアクセラレータ起動時の速度比較

サポート体制が充実している

サポートセンターのイメージ

エックスサーバーは、サポート窓口がメールによるお問い合わせに加え、電話サポートも設けられています。

緊急時などは電話サポートがあると安心のため、サーバーのセットアップに不安がある方や万が一に備えサポートがしっかりしたところを選びたいという方におすすめです。

エックスサーバーのデメリット

初期コストがやや高い

mixhostは初期費用が無料なのに対し、エックスサーバーではどのプランでも初期費用が3,300円となっています。

導入コストはmixhostに比べて高いため、少しでも安価にWebサイトを運用したいという方はmixhostがおすすめです。

アダルトサイトの運営は不可

エックスサーバーでは規約上、アダルトサイトや出会い系サイトの運用は禁止されています。

国内でアダルトサイトの運用が認められているサーバーは珍しく、mixhostもしくはカラフルボックスが代表的ですが、かなり少数でしょう。

エックスサーバーがおすすめな方

ここまでのまとめとして、エックスサーバーがおすすめな方を下記に挙げておきます。

  • WordPressをより高速に表示させたい方
  • 充実したサポート窓口で安心してサーバー運用したい方
  • まずはお試しで利用してみたい方

mixhostとエックスサーバーの比較まとめ

初期費用が無料で高コストパフォーマンスで運用できるmixhostと国内シェアNo.1で豊富な運用実績があるエックスサーバーを比較してみました。

どちらも優秀なレンタルサーバーですが、コスト面やサポート、契約面で違いが見られます。

今回の記事を踏まえて、ご自身のニーズに合ったサーバー選びの参考にしてみてください。