サムネイル

mixhostとConoHa WINGを徹底比較!WordPressを始めるならどちらを選ぶべき?

本ページはプロモーションが含まれています

今回は高コスパ・ハイスペックと評判の高い「mixhost」と「ConoHa WING」の二つのレンタルサーバーを様々な視点から評価していきます。

両レンタルサーバーは、特にWordPressを使用したWebサイトを高速に表示できるとして人気が高く、アフィリエイトやブログ運営を考えている方にとって、どちらにすれば良いのか悩む方も多いようです。

サーバーのスペックや料金体系はどちらもほぼ同じグレードとなっていますが、サポート体制や特典、その他サービス内容をリサーチすると違いがよくわかってきます。

今回の記事では、両レンタルサーバーがどんな人に向いているサーバーなのか、チェックしておくべき点などを整理していきます。

どちらにすれば良いのか悩んでいる方の判断材料にお役立てください。

mixhostの概要

mixhostのホームページ

2016年にサービス提供を開始した「mixhost」は大阪に本社を置くアズポケット株式会社が提供するレンタルサーバーです。

後発のレンタルサーバーですが、レンタルサーバー界隈では知名度は高く、サーバースペックやサービス内容も他社に負けない競争力を持っています。

また、個人でも利用できる価格帯でありながら、ハイスペックなサーバー機能を提供しており、2019年7月期、日本マーケティングリサーチによる調査で「アクセス処理速度」「表示スピード」「アフィリエイター&ブロガー」満足度No.1を獲得しています。

ConoHa WINGの概要

ConoHa WINGロリポップ!お名前.comヘテムルなど多くのホスティングサービスを展開しているGMOインターネットグループが提供しているレンタルサーバーです。

2018年よりサービス開始し、同社が展開するレンタルサーバーの中では比較的新しいレンタルサーバーブランドです。

マーケティングリサーチで3部門受賞

また、mixhostと同様に、2020年3月の日本マーケティングリサーチ機構による調査では、「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」「WordPress利用者満足度」「サポートデスク対応満足度」でNo.1を受賞しています。

mixhostとConoHa WINGの特徴を比較

mixhostとConoHa WINGのそれぞれの特徴を比較していきます。

比較対象のプランは、最も一般的に使用されている「mixhost スタンダードプラン」と「ConoHa WING WINGパック ベーシックプラン」で比較していきます。

料金の違いは?

初期費用はどちらも無料となっています。

また、月額料金もどちらも契約期間が長くなればなるほど割引となるシステムですが、ConoHa WINGの方が月当たり100~300円ほど安くなっています。

この違いが大きいか誤差程度のものと捉えるかは人によりますが、どちらも12ヶ月契約だと1000円前後でハイスペックなサーバーが利用できるのは嬉しいですね。

契約期間mixhostConoHa WING
初期費用無料無料
月額料金3ヶ月1,518円/月1,210 円/月
6ヶ月1,298円/月1,100 円/月
12ヶ月1,078円/月931 円/月
24ヶ月1,023円/月879 円/月
36ヶ月968円/月828 円/月
3ヶ月契約など短期契約を考えている方であれば、月当たり300円ほど安いConoHa WINGの方がおすすめですが、12ヶ月以上の長期契約の場合はほぼ違いはないので、その他の要素を検討してから判断した方がよさそうです。

容量・スペックの違いは?

mixhostとConoHa WINGのサーバーの容量とスペックを比較してみます。

ディスク容量と転送量はConoHa WINGの方が優れていますが、一般的なWebサイトであれば、どちらでも十分すぎるくらいの容量ですので、この2点では判断基準にはならなさそうです。

CPUやメモリのスペック比較ですが、mixhostは評判通りのハイスペックとなっていますが、ConoHa WINGは非公開となっているデータもあり、信頼性という点ではmixhostの方がやや優れているでしょう。

ただ、ConoHa WINGも割り当てメモリが8GBとハイスペックなメモリが割り当てられていますから、決してスペックが劣っているというわけではなさそうです。

 mixhostConoHa WING
ディスク容量(SSD)250GB300GB
転送量18.0TB/月27.0TB/月
CPUIntel Xeon 36コア72スレッド非公開
ホストサーバーメモリ256GB非公開
割り当てメモリ4GB8GB
データベースMariaDB 10.3.xMySQL
Webサーバー
LiteSpeed 5.x.xApache + nginx
データセンター東京非公開
容量・スペックの点では両者ほぼ互角といったところです。ConoHa WINGの方は非公開としているデータがあるため、信頼性という点ではmixhostの方が高いですね。

サポートの違いは?

サーバーの操作方法のわからない時や誤ってWebサイトを落としてしまった時、契約面での不備や支払い忘れなどWebサイト運営において、サーバー管理のトラブルはつきものです。

そんな時に助けになるのが、カスタマサポートです。

特に緊急性の高い事象においては、電話によるサポート窓口があると、速いレスポンスが得られ安心です。

mixhost、ConoHa WINGのカスタマーサポート体制はどうなっているのか見てみましょう。

mixhostConoHa WING
サポート窓口メールメール、電話、チャット
サポート対応時間平日(10:00~18:00)平日(10:00~18:00)

mixhostはメールのみの対応に比べて、ConoHa WINGでは電話、チャットでのサポートも受け付けています。

即時解決したい事象などは電話やチャットが助かるケースも多いため、サポート体制ではConoHa WINGに軍配が上がりそうです。

Webサイト運営が初心者の方やサーバーのセットアップ、サイト引っ越しなどで不安がある方は電話、チャットサポートがあるConoHa WINGがおすすめです。

サービスの違いは?

独自SSLやWordPressの簡単インストール機能などWebサイト運用でよく利用する機能がサービスが含まれているか見てみましょう。

また、サーバーを契約すると無料で独自ドメインが取得できるサービスを提供しているレンタルサーバーもあります。mixhostとConoHa WINGはどうでしょうか。

mixhostConoHa WING
独自ドメイン無料○(WINGパックの場合)
無料の独自SSL
無料の自動バックアップ過去14日分過去14日分
CMS簡単インストール
WordPress簡単引っ越し
Webフォント×

こうしてみると、両者のサービスにほとんど違いはありませんね。価格帯も同じなので、サービス体系もよく似ています。

あえて違いを言うならば、Webフォントの無料提供ですが、Webサイト運用においては必須というわけではありませんので、そこまで差別化要因にはならなさそうです。

提供されているサービス内容にほとんど違いはありません。その他の要素で検討した方がよさそうです。
関連記事

ConoHa WINGに独自ドメインを設定する方法は下記の2つあります。 他社で取得した独自ドメインを利用する方法 ConoHa WINGで取得した独自ドメインを利用する方法2019年9月からConoHa W[…]

関連記事

最近、ConoHa WINGを利用してWordPressを運用する機会があったのですが、その際に驚くほど簡単にWordPressをインストールすることができたので、とても感動しました。これはぜひ記事にして紹介しておくべきだと思い、今[…]

契約面での違いは?

お試し期間の有無やアダルトサイトの可否などレンタルサーバーによって、様々な利用条件があります。

契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

mixhostConoHa WING
最低契約期間3ヶ月1時間(WINGパックは3ヶ月)
無料お試し期間30日間返金保証なし
再販の可否
支払い方法クレジットカード、銀行振込クレジットカード、Amazon Pay、銀行決済(Pay easy)、コンビニ払い、PayPal、Alipay、ConoHaカード
学割×
アダルトサイト×
出会い系サイト×

一番大きな違いは無料のお試し期間の有無とアダルトサイト、出会い系サイトの可否でしょうか。

ConoHa WINGは無料のお試し期間がありませんが、mixhostは30日間の返金保証があります。万が一mixhostのサービスに満足できなかった場合、初回の申し込みから30日以内の解約で利用料金が返金されるため安心して契約ができます。

また、成人向けのアダルトサイトや出会い系サイトを運用しようと考えている方はConoHa WINGは規約違反になりますので、mixhostを利用しましょう。

一方、ConoHa WINGでは、学生に嬉しい学割の制度があります。学生でブログやアフィリエイトなどを始めようと考えている方はConoHa WINGがおすすめです。

mixhostは30日間の返金保証があるのが魅力的です。また、アダルトサイトや出会い系サイトの運用を考えている方はmixhostがおすすめです。

一方、学生の方は学割があるConoHa WINGがおすすめでしょう。

mixhostのメリット

mixhostの下記5つのメリットを紹介します。

  • バックアップが手軽にできる
  • 共用サーバーでありながらクラウドサーバーの特性も併せ持つ
  • 30日間返金保証がある
  • 表示スピードが速いと評判
  • アダルト・出会い系サイトも運営可能

バックアップが手軽にできる

バックアップイメージ

バックアップ体制が充実しています。mixhostでは、同一サーバー内の複数のSSDにリアルタイムでデータをコピーし、データセンターに設置されたバックアップサーバーに1日1回自動的にバックアップする事により、故障や災害などによるデータの消失に備えています。

バックアップから復元(レストア)も無料で行ってくれため、ブロガー、アフィリエイターはもちろん、バックエンドエンジニアの手間も省ける嬉しい機能です。

共用サーバーでありながらクラウドサーバーの特性も併せ持つ

クラウドサーバーのイメージ

共用レンタルサーバーであるため、メンテナンスフリーで安価にサーバーを利用できる上、独自のコンテナ技術により同一サーバーの他のユーザーの影響を受けない構成キュリティで安定したサーバー運用が可能となっています。

また、プラン変更時の利用料金は日割り計算となるため、必要なリソースを必要なだけ利用可能です。

30日間返金保証がある

返金のイメージ

ConoHa WINGには無料のお試し期間はありませんが、mixhostには30日間の返金保証があります。

無料のお試しではありませんが、サービスに満足できない場合は制度を活用することで、利用料金を返金してくれます。

表示スピードが速いと評判

サイトスピードのイメージ

mixhostは口コミでも表示スピードが速いと評判です。

Webサーバーには従来型のApacheではなく、より速度が速いLiteSpeedを採用しています。

また、WordPress専用キャッシュ機能でWordPress専用クラウドサーバーにも負けない圧倒的な高速表示を実現しています。

アダルト・出会い系サイトも運営可能

mixhost_adult

「mixhost adult」と別サービスに切り分けていますが、通常の「mixhost」で契約してアダルトサイトを運営しても問題ありません。

どちらもサービス内容に違いはありません。mixhostユーザー限定のウェビナーやDMM.com担当者が付いてアフィリエイトの訴求を教えてもらえる特典があるため、アダルトサイトでアフィリエイトをやってみようという方にはおすすめです。

mixhostのデメリット

無料お試し期間がない

無料のお試し期間がありません。ただ、30日間返金保証が用意されていますので、不満があった場合は、返金対応に応じてくれます。

電話サポートがない

電話サポートがないところが惜しい点です。緊急時などはレスポンスの早い電話でのサポートが助かりますが、メールでの対応となるため、即時解決したい場合は少し不便かもしれません。

管理画面の操作は慣れが必要

cPanelのダッシュボード
mixhostの管理画面

管理画面には世界シェアNo.1のcPanelが採用されています。ですが、初心者にとっては馴染みがなく、デザインもモダンとは言えないため最初は慣れが必要かもしれません。

mixhostがおすすめな方

ここまでのまとめとして、mixhostがおすすめな方を下記に挙げておきます。

  • 堅牢なデータセンターでしっかりとしたバックアップ体制を確保したい方
  • 信頼性の高いスペックデータをもとに確実に高速表示環境を手に入れたい方
  • アダルト・出会い系サイトを運用予定の方

ConoHa WINGのメリット

ConoHa WINGの下記4つのメリットを紹介します。

  • コスパが良い
  • スペックが高く表示速度が速いと評判
  • サポートの窓口が充実している
  • わかりやすい管理画面を使いたい

コスパが良い

コスパのイメージ

お得にレンタルサーバーを契約できるWINGパックの場合、mixhostよりConoHa WINGの方が月当たり100~300円ほど安くなっています。

少しでも安価にサーバーを契約したいと考えている方はConoHa WINGの方がおすすめです。

スペックが高く表示速度が速いと評判

スペックの高いサーバーイメージ

非公開のスペックデータもありますが、公開されている割り当てメモリなどを見るとはスペックなサーバー機器であることは間違いないでしょう。

口コミでも表示スピードが速くなったという評判が多く寄せられています。

サポートの窓口が充実している

サポートセンターのイメージ

上記mixhostとの違いでサポート窓口の違いを説明しました。

ConoHa WINGでは、メールサポートの加え、電話やチャットサポート窓口が設けられており、即時性の高いサポート環境が整っています。

サーバーのセットアップに不安がある方や万が一に備えサポートがしっかりしたところを選びたいという方におすすめです。

わかりやすい管理画面を使いたい

管理画面
ConoHa WINGの管理画面

ConoHa WINGは2018年サービス開始の新しいレンタルサーバーです。その分、管理画面もモダンなデザインでわかりやすいインターフェースとなっています。

ConoHa WINGのデメリット

料金体系・プランがやや複雑

ConoHa WINGの料金体系は通常料金とWINGパック料金の2つに分かれており、プラン構成もベーシック、スタンダード、プレミアムに加え、クラウドサーバーの要素を加えたリザーブドプラン(1GB、2GB、4GB)も用意されています。

少しややこしいですが、ブログやアフィリエイトサイト、中小規模のコーポレートサイトであれば、ベーシックプランで問題ないかと思います。

また、少しでもお得に契約するならば、最低契約期間が3ヶ月となりますが、WINGパックがおすすめです。

容量の大きいサイトはWordPress簡単移行がうまくいかない時がある

これからWebサイトを立ち上げる方は問題ないですが、別サーバーからの移行を考えている方は注意が必要です。

ConoHa WINGにはWordPressの簡単移行機能が用意されており、著者自身も利用したことがあるのですが、WordPressサイトの容量が大きすぎて移行が途中で止まってしまいました。

※途中で止まってしまい上手くいきませんでしたが、データ等の破損はありませんでした。

WordPressの移行画面

2GBほどのサイトでしたので、それほど大規模ではないのですが、こちらの機能の利用は中・小規模のサイトの場合にのみにした方が良さそうです。

無料お試し期間がない

ConoHa WINGには無料のお試し期間がありません。どうしても一度試してから継続して利用するか判断したいという方は、WINGパックではなく通常料金プランで契約しましょう。

通常料金の場合、1時間2.2円で利用できるため、最低限のコストでサーバーを試すことができます。

アダルトサイトの運営は不可

ConoHa WINGでは、アダルトサイトや出会い系サイトは規約違反になります。

これはConoHa WINGに限ったことではなく、国内でアダルトサイトの運営が許可されているのはmixhostかカラフルボックスなどかなり少数となっています。

ConoHa WINGがおすすめな方

ここまでのまとめとして、ConoHa WINGがおすすめな方を下記に挙げておきます。

  • 電話やチャットサポートで安心してサーバー運用をしたい方
  • WINGパックで少しでも安価にハイスペックサーバーを契約したい方
  • モダンでわかりやすい管理画面を使いたい方

mixhostとConoHa WINGの比較まとめ

どちらも優秀なサーバーであるのは間違いないでしょう。

あえて比較するならば、カスタマーサポートの違いやアダルトサイトの可否ですが、中小規模のWebサイトであれば、どちらを選んでも十分に満足いく運営能力があります。

今回の記事を踏まえて、ご自身のニーズに合ったサーバー選びの参考にしてみてください。