本ページはプロモーションが含まれています

Windows VPSとは?

Windows VPSとは、Windows OSが実行できる仮想プライベートサーバー(VPS)です。

VPSとは、仮想化技術を用いて、物理的なサーバーを複数の仮想サーバーに分割し、各サーバーに独立したリソースとアクセス権を提供します。

Windows VPSを使うと、Windowsソフトウェアを実行したり、リモートでアクセスしたりできます。

VPSでは、メモリやディスク容量などのリソースを柔軟に調整でき、安定性とセキュリティも高いです。

他のユーザーとは独立して利用できるため、プライバシーも守られ、個人や企業がWindows環境を安全に使いたい場合に便利です。

Windows VPSでできること

Windowsアプリの実行

Windows VPSでは、Windows OSが搭載されているため、Office系アプリなどWindowsに特化したアプリケーションやソフトウェアを実行できます。

リモートアクセス

リモートデスクトップ接続を使用してWindows VPSにアクセスできます。

接続元のクライアントがMac OSなどWindowsとは異なるOSからでも利用できます。

いつでも場所を問わずにVPSに接続し、必要な作業を行うことができます。

柔軟なリソースのスケーリング

Windows VPSは仮想化された環境であるため、必要に応じてリソース(CPU、メモリ、ストレージ)を追加・変更することができます。

アプリケーションの要件に合わせて柔軟にスケールアップやスケールダウンが可能です。

高い安定性とセキュリティ

Windows VPSは物理的なサーバー上で動作していますが、他のユーザーとは独立してリソースを使用するため、安定性が確保されます。

また、VPSプロバイダーはセキュリティ対策を講じており、データの保護やセキュアな接続が提供されます。

【安い順】おすすめWindowsVPS比較

VPSメモリCPUSSD月額上限料金OS
WebARENA Indigo for Windows Server1GB2コア50GB748円Windows Server® 2022 Datacenter Edition

Windows Server® 2019 Datacenter Edition

KAGOYA VPS Windows Server1GB1コア35GB913円Windows Server 2022
DatacenterWindows Server 2019
DatacenterWindows Server 2016
DatacenterWindows Server 2012
R2 Standard
Winserver1GB3コア120GB1,045円Windows Server 2022

Windows Server 2019

Windows Server 2016

ConoHa for Windows Server1GB2コア100GB1,077円Windows Server 2022 Datacenter Edition

Windows Server 2019 Datacenter Edition

Windows Server 2016 Datacenter Edition

さくらのVPS for Windows Server1GB2コア50GB1,110円Windows Server 2022 Datacenter Edition

Windows Server 2019 Datacenter Edition

ABLENET VPS2GB2コア60GB1,392円WindowsServer2022

WindowsServer2019

WindowsServer2016

Xserver for Windows2GB3コア100GB1,980円Windows Server 2022 Datacenter Edition

Windows Server 2019 Datacenter Edition

Windows Server 2016 Datacenter Edition

お名前.com デスクトップクラウド1.5GB2コア60GB2,101円Windows Server 2019

WebARENA Indigo for Windows Server

WebARENA Indigo for Windowsの公式サイト
引用:WebARENA Indigo for Windowsの公式サイト

「WebARENA Indigo for Windows Server」は、国内最安値クラスのVPSを提供する「WebARENA Indigo」のWindowsサーバーです。

格安なVPSですが、「NTTPCコミュニケーションズ」が運営しており、信頼性の高いVPSです。

自身で持っているOffice 365ライセンスをそのまま活用できるため、追加の費用がかからず、コストを抑えながら利用できます。

手頃な価格で利用したい方や既存のOffice 365ライセンスを活かしたい方に最適な選択肢です。

KAGOYA VPS Windows Server

KAGOYA JAPAN VPS Windows Serverの公式サイト
引用:KAGOYA JAPAN VPS Windows Serverの公式サイト

「KAGOYA CLOUD VPS」 の「VPS Windows Server」は、ホスティングサービスの老舗「 KAGOYA」のWindows VPSです。

1日単位での利用が可能なVPSで、開発や検証など短期間で必要になる場合などに最適です。

「WebARENA Indigo for Windows」に次いで、最安値となっています。

Winserver(ウィンサーバー)

Winserver WIndows VPSの公式サイト
引用:Winserver WIndows VPSの公式サイト

日本マーケティングリサーチ機構による調査で「テレワーク利用者満足度No.1」を獲得しており、テレワーク環境を充実させたい方におすすめなVPSです。

Winserverは、Windowsサーバー専門のホスティングサービスです。

導入前にはオンライン相談が可能であり、専門スタッフが丁寧にサポートしてくれるので、初心者の方でも安心です。

導入後も電話サポートが受けられ、運用における疑問やトラブルにも対応してくれます。

サポートに相談しながら導入を決めたい方におすすめです。

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverの公式サイト
引用:ConoHa for Windows Serverの公式サイト

「ConoHa for Windows Server」はGMO Internetグループが提供する「ConoHa」ブランドのWindows VPSです。

リモートデスクトップを使いたい方向けの「Windows Server for Remote Desktop」やofficeアプリも利用したい方向けの「Windows Server for Remote Desktop + Office」といったテンプレートパッケージがあり、利用目的に合わせて簡単に選択できます。

契約から利用までの手続きが短縮されており、迅速かつスムーズに利用できます。

さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Serverの公式サイト
引用:さくらのVPS for Windows Serverの公式サイト

「さくらのVPS for Windows Server」も比較的低価格で提供されているWindows VPSです。

大阪と石狩のリージョンを選択することができ、ユーザーに最適な地域でサーバーを運用できます。

また、無料のお試し期間が提供されているので、まずは試してみたいという方にもおすすめです。

ABLENET VPS

ABLENET公式サイト
引用:ABLENET公式サイト

「ABLENET VPS」はメモリ1GB未満のプランはありませんが、2GBプランで1,392円~とコスパが良好です。

MT4/MT5のテンプレートも用意されているので、FXの自動売買用のVPSとしても活用しやすいです。

無料のお試し期間があるので、まずは試してみて使用感を確認したいという方におすすめです。

Xserver for Windows

Xserver for Windowsの公式サイト
引用:Xserver for Windowsの公式サイト

Xserver for Windowsは国内シェアNo.1のレンタルサーバー「エックスサーバー」が提供する Windows VPSです。

エックスサーバーブランドの特徴である圧倒的に高性能なサーバーはWindows VPSでも活かされています。

1GB未満の格安プランは提供されていませんが、2GBプランで1,980円とメモリ1GB当たりのコストパフォーマンスは良好です。

「Windows Server for Remote Desktop」や「Windows Server for Remote Desktop + Office」など、利用目的に合わせたテンプレートパッケージが用意されています。

そのため、契約から利用開始まで躓きづらく、スムーズに利用が可能です。

【4月9日 12:00まで】実質月額1,386円〜!最大30%キャッシュバックキャンペーン

Xserver for Windowsの公式サイトはこちら

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.comデスクトップクラウドの公式サイト
引用:お名前.com デスクトップクラウドの公式サイト

「お名前.com デスクトップクラウド」は、お名前.comが提供するFXの自動取引専用VPSです。

料金だけを見るとやや割高に見えますが、通常有料オプションになっているRDSライセンス料を含む料金になっているため、コスパは良好です。

24時間365日いつでも電話サポートがされているため、困った時はいつでもサポートに頼ることができる安心感があります。

ただ、最低利用期間が3ヶ月とやや長いので、契約前に確認しておきましょう。

まとめ

今回はWindowsサーバーが利用できる格安VPSを紹介しました。

VPSによって使いやすさやスペックの違い、サポートの充実度が異なっています。

価格を最優先するのももちろん良いと思いますが、運用に不安がある方やサーバー構築の手間を省きたい方など、要望によって合うVPSが異なりますので、今回の記事を参考に色々と検討してみてください。