PR

【FXに最適】MT4/5対応のおすすめVPSは?FX専用から最安クラスまで徹底比較

VPS

本ページはプロモーションが含まれています

FX取引において自動売買を行う際には、24時間変動する相場にいつでも対応する必要があります。

もちろん、自身のパソコンにメタトレーダー(MT)をインストールすることもできますが、常時稼働させると機器の寿命を縮める恐れや、電気代も相応にかかってきます。

VPS(仮想専用サーバー)を利用すれば、ハイスペックなサーバーを低コストでレンタルすることができ、いつでもどこでもアクセス可能な上、常時稼働させることができるため、FXの自動売買に適しています。

本記事では、「MT4・MT5」を利用したFX自動売買におけるVPSのメリットやデメリットを解説し、必要なスペックについても触れます。

さらに、国内でFX自動売買におすすめのVPSサービスを徹底比較し、各社のプランや料金、スペックを一覧表でまとめて紹介します。

MT4やMT5を利用したい方や自動売買に興味のある方にとって、この記事は役立つ情報となるでしょう。VPSサービスを探している方はぜひ参考にしてください。

目次

MT4・MT5にVPSを利用するメリット

MT4・MT5を利用したFX自動売買において、VPSを利用するメリットをまとめます。

Windows PCを持っていなくてもMT4・MT5が使える

MT4・MT5はWindows用に最適化されており、一般的にもWindows OS上に構築することが多いです。

Windows VPSを利用すれば、自身が持っているPCがMacOS等Windows以外の端末であっても、リモートデスクトップ接続を活用してMT4・MT5を利用することができます。

MacやLinuxユーザーでも問題なく自動売買を行えるため、より柔軟な環境で取引できます。

24時間常時稼働できる

VPSでは、ホスティング会社が管理するデータセンターに構築したサーバーを24時間動かしているため、常時取引を行うことができます。

相場の変動があるたびに自動売買が可能なため、利益を逃すリスクを軽減できます。

ハイスペックなサーバーを低コストで利用できる

VPSは高性能なハードウェアを備えており、複数の取引プラットフォームやEA(Expert Advisor)を同時に実行することができます。

PCに比べて高い処理能力と安定性を持ち合わせており、スリッページや取引の遅延などの問題を最小限に抑えることができます。

リモートデスクトップ接続でいつでもどこでも操作可能

リモートデスクトップ接続を活用すれば、スマートフォンからでもMT4・MT5の設定や操作が可能です。

外出先や移動中でも取引を監視したり、必要な設定を行ったりすることができます。柔軟な取引環境を提供するため、利便性が向上します。

MT4/5にVPSを利用するデメリット

利用コストがかかる

VPSの利用には月額料金や初期費用、リモートデスクトップ接続用のライセンス費用などがかかるため、トレードにかかる総コストが増加します。

できるだけコストを抑えたい方は、初期費用がかからないVPSがおすすめです。

提供されるサービス内容によって、費用は変わってきますので、後ほど紹介するVPS比較を参考にしてみてください。

安定性の低いVPSを選ぶと取引ができなくなるリスクがある

VPSの安定性はトレードにおいて重要ですが、安定性の低いVPSを選択すると、取引の実行や注文の処理に問題が生じる可能性があります。

サーバーの障害やネットワークの問題が発生すると、取引の実行が遅れたり、一時的に利用できなくなるリスクがあります。信頼性の高いVPSを選ぶことが重要です。

MT4・MT5向けVPSの選び方

チャートを見る女性の手

FX専用VPSにするべき?

VPSの中にはFX専用に提供されているものもあります。

不要な機能を省き、リモートデスクトップ接続のライセンスが最初から1ユーザー分付与されていたりします。

もちろん、FXのみのためにVPSを契約するのであれば、FX専用VPSにしても良いですが、その他のWindows VPSでも十分快適に運用することができます。

月額費用や提供サービス、サポート内容、サーバーのスペックと信頼性など、その他の比較材料を照らし合わせて、いろいろなVPSを比較してみても良いと思います。

海外のVPSでも良い?

海外FX業者が無料提供してくれるVPSもあります。

無料で利用できる上に、データセンターがロンドンやアメリカに近いと通信速度が速くEAをスムーズに動かしやすいというメリットがあります。

ただ、もちろんサポートやマニュアル等は英語である場合が多く、慣れない方の場合、不安になるケースもあると思います。

また、無料と言っても無条件ではなく、数十万程度の口座残高が必要な場合や、ロット数と取引量が条件になってくる場合もあります。

条件に合わせるために無理に取引数を増やして、損をしてしまっては本末転倒です。

一概に海外のFX専用VPSが悪いとは言いませんが、あえて無理をして選択する必要はないと思います。

確認すべきスペック

稼働させるMTの個数に応じたメモリ容量

稼働させるMTの数に応じてメモリのスペックを選択しましょう。

安定して稼働させるためには、最低でもメモリ1.5GB以上は欲しいところです。

お名前.com デスクトップクラウドを例に挙げると、メモリ2.5GBでMT4推奨個数が2個、メモリ4GBでMT4推奨個数が4個とされています。

お名前.com デスクトップクラウドのMT4推奨個数
プランメモリMT4推奨個数
短期お試しプラン1.5GB1個
スタートアッププラン2.5GB2個
スタンダードプラン4GB4個
プレミアムプラン8GB8個

回線速度

回線速度は取引の実行速度に影響します。

高速な回線速度を持つVPSを選ぶと、注文の送信や約定の処理が迅速に行われるため、スリッページ(注文価格と約定価格の差)が減少し、理想的なトレードエントリーやイグジットが可能になります。

データの送受信にかかる時間(レイテンシー)が短縮され、スキャルピングや高頻度トレーディングなどの短期取引戦略を採用する場合には、このレイテンシーの低さがトレードの成功に繋がります。

ストレージは必ずSSD

ストレージには高速処理が得意なSSDと安価で大容量に積めるHDDの2つのタイプがありますが、FX用VPSにはそこまで容量は必要ありませんので、高速処理が可能なSSDにしましょう。

MT4/5におすすめのVPS比較表

ここからはMT4・MT5に対応したFX自動売買におすすめのVPSを紹介していきます。

VPSメモリSSDCPU転送量回線速度月額料金
お名前.com デスクトップクラウド1.5GB60GB2コア無制限10Gbps共用2,101円~
530 円~
Xserver for Windows2GB100GB3コア無制限10Gbps共用1,980円~
ConoHa for Windows Server2GB100GB3コア無制限100Mbps共有2,178円~
Winserver(仮想デスクトップ)2GB150GB4コア無制限100Mbps共有2,255円~
ABLENET VPS2GB60GB2コア無制限200Mbps共有1,815円~
WebARENA Indigo for Windows Server2GB100GB3コア無制限100Mbps共有1,740円
さくらのVPS for Windows Server2GB100GB3コア無制限100Mbps共有2,310円~

※当サイト設置のリンク経由限定の割引料金

お名前.comデスクトップクラウド

お名前.comデスクトップクラウドの公式サイト
引用:お名前.com デスクトップクラウドの公式サイト

FX自動売買専用VPSといえば、お名前.comデスクトップクラウドです。

ドメイン取得やレンタルサーバーの老舗「お名前.com」が運営するVPSサービスですが、MT4・MT5に対応しており、FX自動売買専用VPSとして提供されています。

主要FX会社のMT4・MT5がプリインストールされており、すぐに稼働させることができます。

もちろん、自身で好きなMT4・MT5をインストールすることも可能です。その際、プランによって推奨インストール数が設定されていますので、注意しておきましょう。

【下記リンクからのお申し込み限定!】初回月額530 円~となる特別割引キャンペーン実施中!

お名前.com デスクトップクラウドの公式サイトはこちら

お名前.comデスクトップクラウドのMT4/5対応プラン比較

プランメモリSSDCPUMT4
推奨個数
転送量回線速度OS価格
短期お試しプラン1.5GB60GB2コア1個無制限10Gbps共用Windows Server 20192,101円~
530 円~
スタートアッププラン2.5GB120GB3コア2個2,585円~
1,135 円~
スタンダードプラン4GB150GB4コア4個4,125円~
1,895 円~
プレミアムプラン8GB200GB8コア8個6,215円~
3,205 円~

※当サイト設置のリンク経由限定の割引料金

お名前.comデスクトップクラウドの特徴

リモートデスクトップ接続のライセンスが無料

月額料金はその他のVPSに比べてやや割高ですが、VPSでMT4・MT5を利用するために必要なリモートデスクトップ接続のライセンスが無料で提供されているため、ランセンス料を抑えることができます。

24時間365日の電話・メールサポート

VPSはroot権限が付与されている分自由度は高いですが、ソフトウェアのインストールを含めたサーバー構築作業はある程度自己責任で行うことになります。

お名前.comデスクトップクラウドでは、24時間365日の電話・メールサポートを受け付けているため、サーバー構築に不安がある方でも安心です。

新規口座開設でEAがプレゼント

異国とお名前.comプレゼントキャンペーンのバナー

2023年6月1日より、お名前.com デスクトップクラウドがおすすめする証券会社「FXTF」を新規申し込みで、お名前.comと異国の戦士が開発したEA「異国とお名前.com」がプレゼントされます。

「異国とお名前.com」はこれまでで、プロフィットファクターが2.0以上、勝率は85%、ドローダウンを10%以下に抑えられた設計で開発されています。

優良EAが無料で入手できるので、ぜひ活用しましょう。

【下記リンクからのお申し込み限定!】初回月額530 円~となる特別割引キャンペーン実施中!

お名前.com デスクトップクラウドの公式サイトはこちら

Xserver for Windows

Xserver for Windowsの公式サイト
引用:Xserver for Windowsの公式サイト

「Xserver for Windows」はレンタルサーバー国内シェアNo.1の「エックスサーバー」が提供するWindowsサーバー専用VPSです。

FX専用ではありませんが、リモートデスクトップ接続するためのサーバー構築を簡単に行えるアプリケーションイメージ「Windows Server for Remote Desktop」が用意されています。

このイメージを使用すれば、サーバー構築が苦手な方でも簡単に構築が可能です。

CPUとストレージ(SSD)の性能は国内トップクラス。料金も良心的なので、コストパフォーマンスを求める方におすすめのVPSとなっています。

【4月9日 12:00まで】実質月額1,386円〜!最大30%キャッシュバックキャンペーン

Xserver for Windowsの公式サイトはこちら

Xserver for Windowsのプラン比較

プランメモリSSDCPUリモートデスクトップ SAL転送量回線速度OS価格
2GBプラン2GB100GB3コア990円無制限10Gbps共用Windows Server 2022 Datacenter Edition

Windows Server 2019 Datacenter Edition

Windows Server 2016 Datacenter Edition

1,980円~
4GBプラン4GB100GB4コア3,980円~
8GBプラン8GB100GB6コア7,920円~
16GBプラン16GB100GB8コア15,840円~
32GBプラン32GB100GB12コア31,680円~
64GBプラン64GB100GB24コア63,360円~

Xserver for Windowsの特徴

CPU性能が圧倒的に高い

Xserver for Windowsの処理性能を示すグラフ

「Xserver for Windows」の特徴はなんといってもサーバーのスペックの高さです。

CPUには製品発表時点で80ものベンチマークで世界記録を達成した「AMD EPYC™︎」を採用し、ストレージ(SSD)に高速インターフェース「NVMe(エヌブイエムイー)」を採用しています。

CPUの処理性能は、同社リサーチで国内上位20社と比較してトップとなっており、2位より約2倍速い記録を残しました。

アプリイメージで簡単にサーバー構築

Windows Server for Remote Desktopの内容

VPSはサーバーが構築を自身で行う必要があるため、苦手意識のある方もいるかもしれません。

「Xserver for Windows」では、利用シーンに合わせて適したサーバーがすぐに建てられるアプリイメージが用意されています。

アプリイメージを利用すれば、サーバー構築の経験がない方や苦手意識のある方でも安心してサーバーを建てることができます。

キャンペーン利用でさらにコスパよく利用できる

「Xserver for Windows」は定期的にキャンペーンが実施されています。

キャンペーン内容は時期によって異なりますが、うまく活用すれば、コスパ良い「Xserver for Windows」をさらにお得に利用することができます。

【4月9日 12:00まで】実質月額1,386円〜!最大30%キャッシュバックキャンペーン

Xserver for Windowsの公式サイトはこちら
関連記事

今回は「Xserver for Windows」を利用してMT4・MT5をインストールする方法を紹介します。Xserver for Windowsでは、MT4・MT5の利用に必要なリモートデスクトップ接続が簡単に行えるテンプレートが[…]

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverの公式サイト
引用:ConoHa for Windows Serverの公式サイト

「GMOインターネット」が提供するConoHaもリモートデスクトップ接続ができるWindows VPSを提供しています。

最安プランではメモリ1GBから選ぶことができます。最低利用料金は設定されていませんので、まずは小さなプランから始めてみたいという方におすすめです。

こちらも利用用途に応じたテンプレートが用意されていますので初心者の方でも安心です。

ConoHa for Windows Serverのプラン比較

プランメモリSSDCPUリモートデスクトップ SAL転送量回線速度OS価格
1GBプラン1GB100GB2コア770円無制限100Mbps共有Windows Server 2022 Datacenter Edition

Windows Server 2019 Datacenter Edition

Windows Server 2016 Datacenter Edition

 

1,077円~
2GBプラン2GB100GB3コア2,178円~
4GBプラン4GB100GB4コア4,296円~
8GBプラン8GB100GB6コア8,470円~
16GBプラン16GB100GB8コア15,972円~
32GBプラン32GB100GB12コア32,428円~
64GB64GB100GB24コア65,340円~

ConoHa for Windows Serverの特徴

1GBプランのスモールスタートが可能

「ConoHa for Windows Server」はメモリ1GBプランから64GBプランまで幅広く提供されています。

申込後にプラン変更も可能なので、まずは小さく始めてみたいという方にぴったりのVPSです。

メモリ1GBでもSSDが100GB用意されているので、ストレージ容量も気にしなくても良さそうです。

テンプレートイメージで簡単にサーバー構築が可能

Windows Server for Remote Desktopの内容

「Xserver for Windows」と同様にサーバー構築が簡単にできるテンプレートイメージが用意されています。

リモートデスクトップのサーバー構築経験がない方でも安心して利用することができます。

最低利用期間がない

一度契約すると最低3ヶ月は契約しないといけないVPSもある中で、「ConoHa for Windows Server」は最低利用期間が設定されていません。

まさにスモールスタートに向いているVPSですね。

Winserver(仮想デスクトップ)

Winserver(仮想デスクトップ)の公式サイト
引用:Winserver(仮想デスクトップ)の公式サイト

「Winserver」はその名の通り、Windows Server専用として提供されているVPSです。

Microsoftの公式パートナー(シルバーコンピテシー)を取得しており、信頼性の高いサーバーです。

「Winserver」では、「Windows VPS」と「Virtual Desktop(仮想デスクトップ)」、「レンタル(共用)サーバー」、「専用サーバー」が提供されていますが、FXの自動売買には、「Virtual Desktop(仮想デスクトップ)」がおすすめです。

Winserver(仮想デスクトップ)のプラン比較

プランメモリSSDCPUMT4
推奨個数
転送量回線速度OS価格
WS23-2Gプラン2GB150GB4コア1個無制限100Mbps共有Windows Server 2022

Windows Server 2019

Windows Server 2016

2,255円~
WS23-3Gプラン3GB180GB4コア2個2,750円~
WS23-4Gプラン4GB200GB5コア4個4,400円~
WS23-6Gプラン6GB230GB6コア6個6,050円~

Microsoftの公式パートナーとして高い実績をもつ

WinserverはMicrosoftのホスティングパートナーとして、シルバークラウドプラットフォームコンピテンシーを取得しています。

2023年時点で14年間のサーバーの提供実績があり、信頼性は申し分ありません。

2週間の無料お試し期間が用意されている

VPSサービスにあまりない2週間の無料お試し期間が用意されています。

使い勝手の確認やFXの自動売買では重要な処理速度と安定性を確認することができます。

リモートデスクトップサービスライセンスが付きながら料金も格安

リモートデスクトップ用のサーバーのため、月額料金にリモートデスクトップサービスライセンスが1ユーザー分含まれています。

「WS23-2Gプラン」では、月額2,255円~と比較的安い価格帯ながら、さらにライセンス料も含まれていますので、かなりコスパは良いのではないでしょうか。

ABLENET VPS

ABLENET公式サイト
引用:ABLENET公式サイト

ABLENET VPSもWindows Serverが提供されており、MT4/MT5を利用したFX自動売買におすすめです。

10日間の無料お試し期間と最低利用料金がないので、試しに利用して使用感を確かめたい方におすすめです。

また、一般的にMT4・MT5はWindows OSで動かしますが、ABLENET VPSでは、Linux系のUbuntuで動かせるテンプレートが用意されており、その分RDSライセンス費用がかからず安く運用できます。

ABLENET VPSのMT4・MT5対応プラン比較

プランメモリSSDCPUリモートデスクトップ SAL転送量回線速度OS価格
Win12GB60GB2コア1,250円無制限200Mbps共有Windows Server 2019

Windows Server 2016

1,392円~
Win23.5GB120GB3コア1,815円~
Win36GB150GB4コア3,062円~
Win410GB150GB5コア4,671円~
Win516GB150GB6コア14,036円~
V11.5GB40GB2コアUbuntu Desktop 22.04 with MT4・5

 

968円~
V22.5GB60GB3コア1,706円~
V36GB100GB4コア3,435円~
V410GB200GB5コア5,739円~
V516GB200GB8コア12,947円~

ABLENET VPSの特徴

Linux系でMT4・MT5を動かせるから安い

「ABLENET VPS」では、Linux系のOS「Ubunts」でMT4・MT5が動かせるテンプレートが用意されています。

Windows Serverは一般的にLinux系のサーバーよりも料金が高くなっています。こちらのテンプレートを使用すれば、Linux系の料金でMT4・MT5を使うことができ、RDSライセンス費用がかからない分お得に利用することができます。

ただ、動作しないEAやソフトウェアがある点とWindows Serverに比べて安定性に劣る点に注意が必要です。

10日間の無料お試し期間があり、最低利用期間がない

10日間の無料お試し期間が用意されています。

料金が安いので、「Ubuntu Desktop 22.04 with MT4・5」を利用したいが、動作に不安があるという方はまずは試して確認することができます。

また、最低利用期間がないので、いつでも好きなタイミングで解約することができます。

25年以上のホスティングサービス実績をもつ

ABLENETは1998年以来25年以上の運用実績を持っています。

VPSで有名なホスティングサービスですが、2023年に共用レンタルサーバーも最新技術を用いてリニューアルしています。

サーバーの安定性を示す稼働率は99.99%以上となっており、信頼性の面では問題ないでしょう。

WebARENA Indigo for Windows Server

WebARENA Indigo for Windowsの公式サイト
引用:WebARENA Indigo for Windowsの公式サイト

運用コストをとにかく抑えたい方は「WebARENA Indigo for Windows Server」がおすすめです。

格安のVPSですが、NTTグループの企業が運営しており、信頼性は問題ありません。

OSのテンプレートイメージはありませんが、サーバー構築に慣れている方は費用を抑えられる「WebARENA Indigo for Windows Server」も検討してみてください。

WebARENA Indigo for Windows Serverのプラン比較

プランメモリSSDCPUリモートデスクトップ SAL転送量回線速度OS価格
1GB1GB50GB2コア1,250円無制限100Mbps上限Windows Server® 2022 Datacenter Edition

Windows Server® 2019 Datacenter Edition

902円
2Gb2GB100GB3コア100Mbps上限1,740円
4GB4GB200GB4コア500Mbps上限3,410円
8GB8GB400GB6コア1Gbps上限6,840円
16GB16GB800GB8コア1Gbps上限13,690円
32GB32GB1600GB10コア1Gbps上限27,390円

月額料金は国内最安値クラス

公式サイトでも謳っていますが、利用料金は国内最安値となっています。

とはいえ、品質が悪いというわけではなく、WindowsOSは「Windows Server 2022 Datacenter Edition」が利用でき、サーバーのスペックもそこまで低くありません。

NTTグループが運営で信頼性は問題ない

格安VPSは信頼性と安定性の面で心配になりますが、「WebARENA Indigo for Windows Server」はNTTグループの「NTTPCコミュニケーションズ」が運営しています。

稼働率は99.99%を示しており、信頼性、安定性ともに問題ありません。

eKYCで本人確認をした方は35%割引で利用できる

eKYCキャンペーンのバナー

オンライン上で本人確認が完結できる「eKYC」を使用して本人確認すると、利用料金が最大3ヶ月35%OFFになるキャンペーンが開催されています。

コスパ最強な格安VPSがさらにお得に利用可能になっています。

さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Serverの公式サイト
引用:さくらのVPS for Windows Serverの公式サイト

さくらのVPSもMT4・MT5の利用に必須なリモートデスクトップ接続が可能なVPSが提供されています。

月額1,210円〜のスモールプランから利用可能で、簡単に上位プランにスケールアップすることができるため、まずは小さく始めたいという方にもぴったりです。

他のVPSにあまりない特徴として、サーバーのデータセンターが設置されているリージョンが選択が可能です。

現在では、大阪と石狩の2つのリージョンが選択可能で、ローカルネットワークを構築して、複数台構成のサーバーを構築することができます。

さくらのVPS for Windows Serverのプラン比較

プランメモリSSDCPUリモートデスクトップ SAL転送量回線速度OS価格
W1G1GB50GB2コア1,100円無制限100Mbps共有Windows Server® 2022 Datacenter Edition

Windows Server® 2019 Datacenter Edition

1,210円~
W2G2GB100GB3コア2,310円~
W4G4GB200GB4コア4,730円~
W8G8GB400GB6コア9,350円~
W16G16GB800GB8コア18,150円~
W32G32GB1600GB10コア36,850円~

ホスティングサービスの老舗

「さくらのVPS for Windows Server」を提供している「さくらインターネット」はレンタルサーバーを含めたホスティングサービスの最初期から提供されている老舗の企業です。

安定性と信頼性は疑う余地はなく、迷ったら無難にさくらのサーバーを選択すれば良い。といったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

大阪と石狩の2つリージョンから選択可能

「さくらのVPS for Windows Server」が他のVPSと異なるところは、データセンターを大阪と石狩の2つのリージョンから選択できる点です。

複数台構成のサーバーを建てることができ、リージョンを分散させることで有事に備えてリスク分散させることができます。

2週間の無料お試し期間がある

2週間の無料お試し期間が用意されています。

必要なメモリがわからない方など、使用感を試してみたい方はまずはお試し利用から始めてみては。

まとめ

今回はFXにおすすめのVPSを紹介していきました。

FX専用VPSとして提供されているものもありますし、一般的なWindows VPSでもリモートデスクトップ接続ができれば、MT4・MT5を利用したFX用VPSとして利用できます。

サービス内容はVPSによってさまざまで、それぞれ料金も異なりますので、ご自身にあったVPSを探してみてください。