SSL化(https化)後のサーチコンソールとアナリティクスの再設定方法

WebサイトにSSLを導入後、URLが変更されますので、合わせてSearch consoleとGoogle Analyticsを再設定する必要があります。

それぞれの設定方法を紹介していきますので、参考にしてください。

Google AnalyticsをSSL化に対応させる方法

SSL化に伴ってGoogle Analyticsの設定を以下の手順で変更していきます。

  1. 「プロパティ設定」の「デフォルトのURL」をhttps:/~の形式に変更
  2. 「ビュー設定」の「デフォルトのURL」をhttps:/~の形式に変更

プロパティとビューの設定を変更します。

プロパティの設定

左メニューの一番下にある歯車のアイコンをクリックしてください。

「プロパティ」の項目の「プロパティ設定」を開きます。

「デフォルトのURL」をhttps://~の形に変更しましょう。これでプロパティの設定は完了です。

ビューの設定

引き続き管理画面(歯車のアイコンページ)を開き、「ビュー」の項目にある「ビュー設定」をクリックしてください。

「ウェブサイトのURL」をhttps://~の形に変更しましょう。

これでGoogle Analyticsの設定は完了です。

Search ConsoleをSSL化に対応させる方法

SSL化したWebサイトをSearch Consoleで管理するには、SSL化以前のWebサイトとは別に新しく登録し直す必要があります。

以下の手順で登録していきます。

  1. 「プロパティを追加」よりSSL化したWebサイトを登録する
  2. SSL化したWebサイトのサイトマップの登録をする
  3. Google Analyticsの「Search Console」の設定を変更する

SSL化したWebサイトをSearch Consoleに追加する

Search Consoleのダッシュボードより「プロパティを追加」をクリックします。

表示された入力欄にSSL化したWebサイトのURLを記入し、追加ボタンをクリックしてください。

サイトの所有権を確認するページが表示されます。

以前からSearch Consoleを利用している方は、トラッキングコードをすでに埋め込んでいると思います。

そのまま確認ボタンをクリックしましょう。

「https://~の所有権が確認されました」と表示されるので、「続行」をクリックします。

これで新規サイトを追加することができました。

サイトマップの設定をする

サイトマップも再設定していきます。

再登録したWebサイトのステータス画面を開きます。

サイトマップの項目が「サイトマップがありません」となっています。

「サイトマップ」をクリックし、「サイトマップの追加テスト」ボタンをクリックしてください。

「サイトマップの追加/テスト」の項目にサイトマップのURLを記入し、送信します。

「ページを更新する」ボタンをクリックしすると、サイトマップの登録が完了します。

Google Analyticsと紐つける

Search ConsoleをGoogle Analyticsを紐つけていきます。

Google Analyticsの左メニューの歯車のアイコンをクリックし、管理画面を開きます。

「プロパティ」の項目から「プロパティ設定」をクリックします。

「プロパティ設定」のページの下部に「Search Console」の項目があります。「Search Consoleを調整」ボタンをクリックしましょう。

Search Consoleの設定ページが表示されるので、「Search Consoleのサイト」に設定されているURLを追加します。

「Search Consoleのサイト」を選択し、保存してください。

無事に紐つけが完了しました。

 SSL化後のSearch ConsoleとGoogle Analyticsの再設定方法のまとめ

アクセス解析系のツールはしっかりと設定しておかないと、正常なデータを取得することができません。一度と設定しておけば、あとは問題なく運用できますので、きちんと再設定しておきましょう。

制作費用参考表

想定費用 想定納期
コーポレートサイト 10万円〜 1ヶ月〜
メディアサイト 10万円〜 1ヶ月〜
WordPressテンプレートプラン 5万円〜 3週間〜
ランディングページ 5万円〜 1ヶ月〜
保守運用 1万円〜 -
SEOコンサルティング 1万円〜 最低契約期間3ヶ月
その他サイト不具合等のご相談 応相談