個人向けレンタルサーバーの選び方!おすすめのレンタルサーバーもご紹介

最近では企業だけでなく、個人の方でもブログなど自分のWebサイトを持つことも多くなっています。フリーランスの方の場合、ブログ以外でもポートフォリオサイトや自身が製作した物を販売する簡単なECサイトを持っている方も少なくありません。

しかし、レンタルサーバーの提供会社は数多く存在し、各社、法人向けから個人向けプランを幅広く提供しています。

個人用のWebサイトを開設する際、その中からどのように自分に合ったレンタルサーバーを選べば良いのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか。

今回は、個人の方に向けてレンタルサーバーの選び方や法人向けサーバーとの違いを解説し、最後におすすめの個人向けレンタルサーバーを紹介してきます。

個人向けレンタルサーバーの選び方

個人向けレンタルサーバーを選ぶ際のポイントを解説していきます。

初期費用と月額料金

個人でWebサイトを運営する場合、予算もそれほど取れない方も多いと思います。レンタルサーバーを契約する際、契約時に支払う初期費用と契約後に月ごとに支払う月額費用がかかってきます。

個人用プランでは100円〜1,000円前後の価格帯が相場になりますが、安ければそれで良いと言うわけでもなく、価格によって提供されるサービスも変わってきます。

下記で紹介するポイントも踏まえて価格と予算を相談してみてください。

マルチドメイン対応

複数のWebサイトを異なるドメインで運用したいと考えている方はマルチドメインに対応しているか確認しておきましょう。マルチドメインに対応していると1つのサーバー契約で複数のドメインを登録することができるため、コストを抑えることができます。

また、ブログ用のWebサイトとポートフォリオ用のWebサイトをサブドメイン で切り分けたいと言う方はサブドメイン設定の機能が提供されているか確認しておくと良いでしょう。

データベース機能の有無

静的なWebサイトを運用する予定であればデータベースは必要ありませんが、ブログやポートフォリトサイトで動的なWebサイトを運営する場合やWordPressを使用する場合はデータベースが必要になります。

データベースが提供されているか、MySQLなどデータベース用のダッシュボードが提供されているか確認しましょう。

WordPress簡単インストール機能の提供

WordPressを使用する予定の方は簡単インストール機能が提供されているか確認しておきましょう。

WordPress環境を一から構築するのは専門的な知識が必要になりますが、レンタルサーバーで提供されている簡単インストール機能を使えば、簡単な操作でだれでもWordPressをインストールすることができます。

セキュリティ対策

個人用のWebサイトといえど、セキュリティ対策は必要です。代表的な対策といえばGoogleも推奨しているSSLですが、ほかにもWAF(Web Application Firewall)やWordPressを使用する方はログイン試行制限など無料で提供されているセキュリティ対策があります。

ECサイトを運営する方などは個人情報を取り扱うことになると思いますので、特に重視しておいた良いかもしれません。

無料SSLの提供

セキュリティ対策でも触れましたが、SSLの実装は必須のセキュリティ対策です。レンタルサーバーの中には「Let’s Encrypt」など、無料のSSLを提供しているところもあるので確認しましょう。

SSDストレージの提供

以前はレンタルサーバーのストレージはHDDが主流でしたが、近年ではSSDを採用しているところが多くなってきています。

HDDよりもSSDの方がサーバーの処理速度が速く、安定しています。SSDは容量が価格が高く、コストパフォーマンスが悪いと言われていましたが、最近では安価なプランでも十分な容量を確保できるレンタルサーバーが増えてきていますので、気にすることはないと思います。

メールサーバーの利用

有料のレンタルサーバーではほとんどがメールサーバーが使えますが、念のため確認しておきましょう。

個人でも複数のメールアカウントを作成する方もいると思いますので、作成可能なメールアカウント数をみておくと良いです。

メールアカウント(メールアドレス)毎に使用可能なメールボックスの容量が決められている場合が多いので、よくメールを使用する方は確認しておきましょう。

サポート体制

メールでのお問い合わせはもちろんですが、電話やチャットサポートを提供しているレンタルサーバーもあります。プランによってサポート範囲が異なりますので、個人プランの場合はどこまでサポートしてくれるのか確認しておきましょう。

メールでのサポートでは、やりとりに時間がかかりますので、有事の際にすぐに対応できるのは電話かチャットでのサポートです。

Webサイトを収益化している方は特にチェックおくと良いと思います。

サーバーの安定性(稼働率)

サーバーが安定して稼働しているかももちろん大切です。サーバーが安定的なものかを表す指標に「稼働率」がありますが、これはサーバーがダウンすることなく、正常に稼働している時間の割合です。

稼働率の表記は義務ではありませんので、表記していない会社もありますが、アピールポイントとして「稼働率99.99%」等の表記をしているところもあります。

また、ベンダーによってはSLA(品質保証制度)といって、レンタルサーバーが提示している稼働率を切った場合に、その分の利用金額を保証してくれるところもあります。

管理画面の操作性

レンタルサーバーの設定に慣れていない方は、管理画面の操作性が良い方がストレスなく運用できて良いと思います。

Webサイトを公開する際に独自ドメインをサーバーに紐つけたり、メールアカウントの作成など、管理画面で行うことは結構あります。

Web担当者など専門の方がいない場合は、こちらも確認しておくと良いでしょう。

個人向けおすすめレンタルサーバー一覧

エックスサーバー

エックスサーバーのホームページ

サーバーのスペック、コストパフォーマンス、サポート体制のどれをとっても良質なバランスの取れたレンタルサーバーです。

管理画面は決しておしゃれというわけではないですが、レイアウトが整っており、必要な情報がすぐに見つかるため操作性は高いです。

独自ドメインは同じエックスサーバー 株式会社が運営する「エックスドメイン」で取得できるため、独自ドメインからサーバー構築、Webサイト公開までワンストップで行うことできます。

プランはX10、X20、X30まで用意されていますが、個人用であればX10で十分だと思います。ディスク容量にも余裕がありますし、マルチドメインにも対応しています。

運営していく上で容量が足りなくなった場合は、後からプラン変更が可能です。

エックスサーバー公式サイト

費用
プラン X10 X20 X30
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額費用 900円〜 1,800円〜 2,400円〜
サーバースペック
プラン X10 X20 X30
ディスク容量 200GB(SSD) 300GB(SSD) 400GB(SSD)
転送量 無制限 無制限 無制限
メール
プラン X10 X20 X30
作成可能メールアカウント数 無制限 無制限 無制限
ドメイン
プラン X10 X20 X30
独自ドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース
プラン X10 X20 X30
MySQL 無制限 無制限 無制限
SQL
簡単インストール機能
プラン X10 X20 X30
WordPress
EC-CUBE
PukiWiki
サポート
プラン X10 X20 X30
メール
チャット × × ×
電話

エックスサーバー公式サイト

ロリポップ!

ロリポップ!のホームページ

レンタルサーバーをこれまで契約したことがない方や初心者の方はロリポップ!がおすすめです。コストパフォーマンスがよく、サーバーのスペックも不足はありません。

いちばんの特徴は初心者にも慣れ親しみやすいポップなデザインの管理画面です。よく使用する機能はわかりやすい言葉で表記されていたりと、専門用語が多くなりがちな管理画面をストレスなく操作できるように工夫されています。

独自ドメインは同じGMOペパボ株式会社が運営している「ムームードメイン」で取得すれば、レンタルサーバーとの紐付けも簡単な操作で行うことができます。

ロリポップ!公式サイト

費用
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
初期費用 1,500円 1,500円 1,500円 3,000円
月額費用 100円〜 250円〜 500円〜 1,000円〜
サーバースペック
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
ディスク容量 10GB(HDD) 50GB(HDD) 120GB(HDD) 200GB(SSD)
転送量 50GB/日 100GB/日 150GB/日 200GB/日
メール
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
作成可能メールアカウント数 ドメイン毎に20 無制限 無制限 無制限
ドメイン
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
独自ドメイン 20 50 100 無制限
サブドメイン ドメイン毎に10 ドメイン毎に300 ドメイン毎に500 無制限
データベース
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
MySQL × 1 30 70
SQLite
簡単インストール機能
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
WordPress ×
EC-CUBE ×
baserCMS
サポート
プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード
メール
チャット
電話 × ×

ロリポップ!公式サイト

ConoHa WING

ConoHa WIngのホームページ

ブログなどで広告収入を得たいと考えている方は、サーバーの処理速度が速いと言われる
「ConoHa WING」がおすすめです。特にWordPress利用者からの人気が高く、日本マーケティングリサーチ機構によるサーバー満足度調査で「WordPress利用者満足度」、「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」、「サポートデスク対応満足度」の3部門で第一位に選ばれています。

処理速度が速いだけでなく、稼働率が99.99%以上が保証されているため安定的に運用できます。

月額料金はいちばん低いグレードのベーシックプランでも1,200円かかるのですが、長期利用車向けにWINGパック料金(800円/月〜)が用意されているので、こちらの利用がおすすめです。

ConoHa WING公式サイト

費用
プラン べーシック スタンダード プレミアム
初期費用 無料 無料 無料
月額費用 1,200円 2,400円 4,800円〜
WINGパック料金 800円/月〜 1,750円/月〜 3,500円/月〜
サーバースペック
プラン べーシック スタンダード プレミアム
ディスク容量 250GB(SSD) 350GB(SSD) 450GB(SSD)
転送量 4.5TB/月 5.5TB/月 6TB/月
メール
プラン べーシック スタンダード プレミアム
作成可能メールアカウント数 無制限 無制限 無制限
ドメイン
プラン べーシック スタンダード プレミアム
独自ドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース
プラン べーシック スタンダード プレミアム
MySQL 無制限 無制限 無制限
SQLite
簡単インストール機能
プラン べーシック スタンダード プレミアム
WordPress
EC-CUBE
サポート
プラン べーシック スタンダード プレミアム
メール
チャット
電話

ConoHa WING公式サイト

さくらのレンタルサーバ

さくらサーバのホームページ

ECサイトなどを運営していて開発環境が必要な方はさくらのレンタルサーバがおすすめです。

さくらのレンタルサーバでは、株式会社ユニマルと業務提携してステージング環境とバックアップ機能が無料で提供されているため、こちらでわざわざ用意する必要はありません。

老舗のレンタルサーバーでコスポフォーマンスもよく安定しているレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバの公式サイト

費用
プラン ライト スタンダード プレミアム
初期費用 1,048円 1,048円 1,048円
月額費用 1,571円/年 524円 1,048円
サーバースペック
プラン ライト スタンダード プレミアム
ディスク容量 10GB(HDD) 100GB(HDD) 200GB(HDD)
転送量 40GB/日 80GB/日 120GB/日
メール
プラン ライト スタンダード プレミアム
作成可能メールアカウント数 無制限 無制限 無制限
ドメイン
プラン ライト スタンダード プレミアム
独自ドメイン 20 100 150
サブドメイン サブドメイン 含め上記個数まで
データベース
プラン ライト スタンダード プレミアム
MySQL 20 50
SQLite
簡単インストール機能
プラン ライト スタンダード プレミアム
WordPress
EC-CUBE
サポート
プラン ライト スタンダード プレミアム
メール
チャット
電話

さくらのレンタルサーバの公式サイト

まとめ

個人向けのレンタルサーバーの選び方とおすすめのレンタルサーバーを紹介しました。上記で紹介したレンタルサーバーは個人用プランでも十分なスペックが用意されており、様々なサービスが提供されています。

ブログ用、ポートフォリオ用、ECサイト用、データベースを使わないHP用などご自身に合ったレンタルサーバーを検討してみてください。

制作費用参考表

想定費用 想定納期
コーポレートサイト 10万円〜 1ヶ月〜
メディアサイト 10万円〜 1ヶ月〜
WordPressテンプレートプラン 5万円〜 3週間〜
ランディングページ 5万円〜 1ヶ月〜
保守運用 1万円〜 -
SEOコンサルティング 1万円〜 最低契約期間3ヶ月
その他サイト不具合等のご相談 応相談